老子先生老子先生

天地は人間だけを特別扱いしないものじゃ

おお、老子先生から厳しいお言葉がでてきました。
ミコちゃんミコちゃん

でも人間って、神様が作ったんじゃないですか?

ミコちゃんがするどくツッコミます。
老子先生老子先生

おぬしが言う神様というのをわしは道と呼んでおるが、道が作ったものは人間だけではない。ありとあらゆるものを作っておる。その中で人間だけが特別、というわけではないんじゃ

うーん。今日の老子先生のお言葉は「道(みち)=タオTao」と呼ばれる、思想の根幹的なお言葉です。簡単には説明できないです。先生!お願いします。
老子先生老子先生

万物の根源じゃ

えー。それだけですか?もうちょっとお願いします。
老子先生老子先生

これが道、だと説明するようなものはない。道は万物の母であり、無限のエネルギーじゃ

ミコちゃんミコちゃん

全然わかんない

老子先生老子先生

わからなくて当然じゃ

ちょっと困った状況になってきました。老子先生には細かく説明する気が無いみたいです。
老子先生老子先生

寡黙であることが自然じゃ。わからないのは、まだわかる必要が無いからじゃ

どうも平行線になっています。
老子先生がおっしゃる万物というのは世界全体をあらわしています。

 

色々と調べてみましたら、宇宙の誕生から今までの年月を1年間という期間であらわしてみると、太陽と地球が出来たのは8月31日だったそうです。

そして、人間の祖先であるホモ・サピエンスが地球上にあらわれたのは12月31日の23時52分19秒あたりだそうで、

時間で言うと40~20万前だそうです。

でも、宇宙の誕生からすべてのものを老子先生がおっしゃった「道(みち)=タオTao」が作りあげたものだとしたら、人間を作り出すためにこんなに長い年月が必要だったのでしょうか?

 

本当に必要ならもっと早く作っても良かったのではないかな、こんな終わりの時期にちょろっと出現したもののために、万物を作り上げた創造主が全エネルギーを注ぐものかな、と勝手に思っちゃいます。

なんか、言い方が悪くてもうしわけないですけど、肉を茹でた時にできる灰汁のような感じで、ちょっと吹いたらどっかに飛んでいってしまいそうです。
算命学ねうし堂宇宙誕生から人間出現までを1年で表した表
老子先生の基本的な思想は「万物は平等」というものです。

平等である万物の中に人間は含まれる。万物を作り上げた創造物「道(みち)=タオTao」は自然より人間を大切にしないし、人間より自然を大切にするようなこともない。万物全てに平等に、公平にエネルギーの流れは与えられる、と説いています。

種に水分が加わった時に自然に発芽するようなプログラムを作り上げた創造主「道(みち)=タオTao」は、同じようなプログラムで人間を誕生させました。すべては平等だ、というのが老子先生の基本的な考え方です。