老子先生のお言葉

老子先生
老子先生

算命学の考え方のもとになる「老子先生のお言葉」を紹介しています。

老子先生のお言葉

無理なく自然に生きているのに、恋に落ちてしまった時

恋に落ちるスイッチを持っている人と、持っていない人がいます。恋に落ちた時、どうしたら幸せになれるのかを考察
老子先生のお言葉

白雪姫の行動はありのままなのか③

白雪姫はものがたりの中で5回命を狙われますが、ありのままに生きることで、王子さまに命を救われました
老子先生のお言葉

白雪姫を殺そうとした継母はどこで道を間違えたのか!②

「美しい」という評価を決めるのが自分なのか、自分以外の人なのか、というところで人生の幸福度が大きく変わります
老子先生のお言葉

白雪姫というお話から公平を考える①

自分が満たされるのは、他人が評価してくれたとき。白雪姫という物語は、自分で満足を感じられない不幸を物語る話だと思います
老子先生のお言葉

「道(みち)=タオTao」と呼ばれる、思想の根幹的な考え方

老子は「万物全てに、平等に、公平に、エネルギーの流れは与えられる」と説いています
老子先生のお言葉

嫉妬する心③「無為自然を考える」

老荘思想の根幹である「無為自然」という言葉は、無理をしても続かない、結局は良くない結果になる。だから無理をしてはいけない、ということです。
老子先生のお言葉

嫉妬する心②「無心のすすめ」

欲しい!と思う理由が本当に自分の中にあるのか?まず、自分に聞いてみる。問い続けることで、自分にとって本当に必要なものがわかるようになる
老子先生のお言葉

嫉妬する心①「足るを知る」の意味

「足(た)る」を知ることがないと際限なく求め続けてしまい、手に入れられないとき、「嫉妬」という感情が心をむしばみます。
タイトルとURLをコピーしました