気持ちと現実が一致しない「害」の年に転職した私

害とは、気持ちと現実が一致しない状況になること

算命占術で使う言葉に「害」というものがあります。

害という言葉には悪いイメージがあります。

宿命や運勢で「害」がでたとき、病気になるのだろうか?なにか良くないコトがあるのか?と考える人もいますが、害にあった対処法があるのでそんなに心配することはありません。

 

「害」とは、気持ちと現実が同じ状態にならないことを表しています。

つまり、自分の思いとは違う結果になりやすい状態です。

 

例えば、いくつも仕事を抱えて忙しく働いていた時、急に眠気を感じてコーヒーを入れる。

コーヒーカップを机におくときに誤って書類のうえにこぼしてしまい、仕事を中断せざるをえなくなる。

こんな感じです。

 

仕事を継続したいと思ってコーヒーを入れる。

結果は書類を汚して仕事が続けられなくなる。

望んだことと違う結果になる。

 

そんな状況になりやすいのが「害」という状態です。

 

害のときは身の回りに起こる状況にあわせて行動すると良い結果になる

「害」のときは身の回りで起こる状況にあわせて行動をしたほうが良い結果になります

上に書いた例でいうと、仕事を続けるためにコーヒーを入れるのではなく、仕事を続けられないような眠気を感じたのなら、仮眠をとるなど別の行動をしたほうが良いのでは?というお知らせを受け取っている、ということです。

頭で考えたことではなく、身体が求めるものを感じて行動したほうが結果が良くなる。

目先のことではなく、自分をとりまく環境や状況をふくめて判断して行動したほうがいい結果になる。

そういうことを「害」という言葉であらわしているのです。

 

運勢で巡ってくる害

算命占術では10年ごとの「大運」を重視して運勢をみます。

運勢でまわってくる干支をみて現実の変化の可能性をみるのです。

仕事の運勢をみたいなら、宿命の年支をみます。

 

私の大運の年支には「害」がきています。

つまり、仕事にかんしては自分の気持とは違う結果になりやすい10年間をすごしているのです。

こんなときにもとめられるのは、まわりの状況に合わせて自分の行動を決めていくことです。

自分で決めない。

まわりの状況をみて自分が何をすべきかを判断していく。

今日は、12年間勤めた会社を退職して占い師になったいきさつを書いて、「害」という状況を説明していきます。

 

害の影響を受けて占い師に転職した私

2016年に何か「変化が起きる」というのは自分の運勢を鑑定して知っていました。

でもまさか、仕事を辞める年になるとは思ってもいませんでした。

占い師になる前は飲食関係の会社で働いていました。

平均的な年収をいただき、社会的な補償もしっかりとした会社だったので、辞めたいとは思いつつも、実際問題として、安定した生活を手放すということには抵抗がありました。

そんな私の気持ちが180度変わってしまったのは2016年の2月、節分を過ぎ、丙(へいか)の申(さる)の年になってからでした。

仕事をしながら占いの勉強を続け、個人的な鑑定をさせていただいていたのですが、忙しさが増して、自分の時間がまったく取れないようになり、私の中の「習得本能」が騒ぎ始め、あらためて「自分がしたいこと」というのを意識したのです。

 

「大半会」の年に安定を捨てる

2016年は丙申。

私の日干支とは「大半会」の位相法になる年です。

自分の日支が「辰」で、2016年の支が「申」なので半会の関係になるのですが、自分の日干が「丙」で、運勢の干と同じなので大半会になります。

干が同じということは気持ちが同じで、十大主星で言うと「貫索星」になるので、自分の気持ちを押し通したくなる年になります。

気持ちが大きくなって、自分の気持をおさえきれなくなる年、という意味になります。

 

私は自分がしたいことを考えました。

 

もっと占いの勉強をしたい。

鑑定はイロイロな発見があって面白い。

もっとたくさんの人の鑑定をしてみたい。

 

頭のなかで気持ちがグルグルとまわっていました。

 

夫からお金をもらったことで退職を決める

その年、夫のお母さん、つまり私にとっては義母が亡くなり夫が遺産を受け取りました。

夫は専業主夫として私を支えてくれています。

遺産を受け取った夫が遺産の一部を私にくれました。

どうしてくれたのかハッキリとは聞いていないのですが、くれるというなら受け取りましょう、とお金を受け取りました。

 

私の通帳に入金された金額をみたこと。

自分の時間が取れない仕事のこと。

占いの勉強をして鑑定をしたい気持ち。

 

この状況は、

 

仕事を辞めて占いの活動をしてはどうですか?

 

と、運勢から言われているのかな?

そんな気がしました。

 

12年間勤めた会社を辞める

私が働いていた会社は年中無休で長時間営業する飲食店をいくつも運営していました。

2店舗の店長として働いていたので、すぐに辞めてしまうと迷惑をかけてしまいます。

でも、ちゃんと引継ぎをしたら迷惑は最小限におさえられると思い、計画的に辞めようと考え、第一のステップを、退職の申し出を上司に円満に受理してもらうこと、にしました。

中間管理職が次々と病で出社できなくなり、退職する社員が続出し、アルバイト不足で社員が残業すると、残業するなプレッシャーが方々からやってくるような会社でした。

ですから、簡単に「辞めて良いよ」と言ってもらえないような雰囲気です。

ある日突然来なくなる社員もいたのですが、そんなことはしたくありません。

立つ鳥あとをにごさず、でいきたいです。

無理を通すとろくなことがないというのもありましたので、迷惑を最小限にする円満退職を目指しました。

退職を決めたは2016年の2月の末です。

2月の平日の朝、会社で上司に面談を申し込みました。

上司と顔を合わせた時に私が言ったセリフは

 

ねうし まりねうし まり

お忙しい時に申し訳ありません。5分で終わる話なので、聞いていただけないでしょうか

上司上司

今から会議だけど、5分ならいいよ

ねうし まりねうし まり

3月末で退職したいのです

上司上司

5分ですむ話じゃないな

ねうし まりねうし まり

大丈夫です。5分ですみます。しばらく前に母が亡くなりまして、その遺産を受け取りました。ですから働く必要が無くなったのです。次の方にはちゃんと引き継ぎをいたしますのでお願いいたします

上司上司

そうか、わかった。引継ぎはちゃんとやってくれるんやな

と、上司は簡単に退職を認めてくれました。

遺産を受け取った、というのは本当なのですが、一生働かなくていいほどではありません。

1年間の生活費ぐらいです。

自分が持っている貯金と合わせると2年間ぐらいはなんとか生活していけそうなので、退職を決めました。

上司に対して嘘を言っているわけでは無いので、気は楽でした。

 

仕事を辞めて思ったこと

仕事を辞めて家にいる時間が長くなりました。

3日間一歩も外に出ない、ということもあります。

睡眠と食事以外の時間はパソコン相手に作業をしています。

自由に使える時間がふえたことで気持ちが変わり、家族にたいして優しくできるようになりました。

鼻歌を唄いながら洗濯物を干している夫の姿をみて、

これで良かったのかな

と、思っています。

 

害の影響

会社員から占い師に転職したいきさつで「害」の影響を説明しました。

私の大運の年支にある害の影響はまだまだ続きます。

今の状況で終わりではありません。

占い師の仕事をこのままの状態でつづけることはないでしょう。

運勢からやってくる流れが私をどこに運ぼうとしているのか、様子をみつづけようと思っています。