天剋地冲の呪い、夫が受けた災難

夫の宿命に
ある天剋地冲

夫の宿命には「天剋地冲」という位相法があります。

これは、気持ちに変化を受けて、気持ちとは反対の現象が目の前に現れるという作用です。

そんな作用を持っている夫はつねづね、思い通りの結果を受け取れない目にあいます。

今日は、そんな夫に最近起こった出来事を書いていこうと思います。

なあ、お前おれへん時に湯、出えへんなってん

へー

お前が帰ってきたらお湯が出るようになってん

へー

給湯器、もうあかんな

買ったらいいやん

給湯器のチラシ、置いといてんけど、知らん?

捨てた

ほんまにお前は何でも捨てるんやな!!!

チラシじゃなくって、ネットで調べたらいいやん!

夫との会話のあと私はすぐに、給湯器を取り替えてくれる業者をネットで探し、見積もりを予約しました。そうすると、

業者から電話がかかってきたやんか!

俺が置いといたチラシは捨てるし、勝手に見積もり依頼するし、ほんまにお前は!!

と、 怒っています。そこで、

私がすることが気に入れへんねんやったら!あんたの好きなようにしたらいいやん!!

と放置することにしました。

私から見放された夫は、自分で見つけた業者に給湯器の見積もりを依頼し、そのまま工事を頼むことにしたようです。

取り付け工事の当日、工事の人が朝の8時30分にやってきました。

8時30分に来るとは聞いていません。

なんか、早い…

いやあ、ちょっと先に見してもらいますね

と言って家の中に入ってきます。

ちょっと先に見る、というのだからちょっとだけ見たら帰るのかと思っていたら、そのまま工事を始めました。

こんな些細なことで「うそ」をつく人は信用できません。午前中に来るとは言っていたようですが、8時30分は早いでしょう。

当日の電話連絡も無かったですし、いきなり来るなんてちょっと嫌な感じです。

工事中、家の玄関を開けっぱなしにして、家中に真冬の冷たい外気を入れ続けてくれるのも感じが悪いです。

開始から3時間半後、工事がようやく終わって業者が帰った後、取り扱い説明書を見ていた夫が言いました。

これで、お風呂に湯を入れながら台所でもお湯が使えるようになったで!

今までは一か所でしかお湯がでなかったのを、大きな給湯器に変えたから2か所同時にお湯が出るようになった、と言っているのです。

あっ、なんかおかしい。20型の給湯器を頼んで、見積もりも20型になっているのに説明書は16型になっている…

給湯器みた?

16型やった

20型を注文して、見積もりも20型になっていて、取り付けられたのが16型やったら、20型に交換してもらったら良いやん!

いやもう、ええわ。交換するにはまた工事しなあかんやろ

なに言うてんの!!
交換してもらい!!!

16型の値段にしてもらうから、このままでええわ

などと言います。日頃の、私への悪態からは信じられないぐらいの外面の良さです。

ここで私が強く言っても、夫は業者に交換を要求する可能性が0%なのは、今までの結婚生活で十分に理解しています。

家の中に他人が入ってくるのが苦手。
工事中、玄関のドアが開いていたせいで寒かった。
余分に払ったお金は戻ってくる。

給湯器の取り換え工事を要求すると、

また他人が家の中に長時間入ってくる。
また長時間寒い思いをする。

そんなことが嫌なので、取り換え工事を要求するのをやめたみたいです。

望んだこととは違う結果を受け取る宿命。

そんな宿命のモデルケースをじっくりと堪能させてくれる夫でした。

タイトルとURLをコピーしました