算命学【辰巳天中殺】2020年運勢

2019-07-252020年のお金・仕事・恋愛・健康運,ブログ

辰巳天中殺
2020年の運勢

たつみ天中殺を持っている人の2020年は、気持ちに変化があらわれる1年になります。

今までの考え方を変えるような出来事を経験する可能性があり、人生のなかで何を大切にしたらいいのか、深く考えてしまうことがありそうです。

今までの体験や見聞きしてきたことで作り上げた固定観念や価値観を変えるキッカケがおとずれ、それによって性格まで変わってしまうかも知れません。

2020年は、古いカラを脱ぎ捨てた新しい自分になれそうです。

6.7月は注意が必要

たつみ天中殺をもっている人は、4月と5月に天中殺の影響を受けます。さらに言うと、1年を通して「辰(たつ)と巳(へび)の日」も気をつけたほうが良いです。

何に気をつけるかというと、
不安定になる自分の気持ちとの葛藤です。

天中殺の月である4月・5月や、辰と巳の日は気持ちが不安定になり、ささいなことでイライラすることがありそうです。必要以上に人を責めて人間関係でトラブルが起きないように気をつけましょう。

イライラする原因がわかる場合は、原因になることに気をつければいいのですが、たつみ天中殺をもっている人は、自分のなかにある葛藤の原因がわかりにくい、という特徴があります。

天中殺月である4月5月に感じるイライラする気持ちは、スポーツなどで汗を流す、親しい人と会話をする、趣味を楽しむなどで解消して、ストレスをため込まないようにすると、1年を無事にすごすことができます。

良い気を取り入れる

家の中にある物に、いつのまにか住んでいる人の気が入ることがあります。物を大切にあつかっていると、物は良い気をもつようになり、ホコリまみれで汚れがひどいと良くない気をもつことがあります。

良くない気をもつ物に囲まれて生活していると運気が下がってきます。ですから、運気が下がらないように家の中をキレイな状態にたもつと良いのです。

汚れている物、壊れている物、見て嫌な感じがする物は、捨てるか欲しい人に譲るなど、家の中から出してしまうと良いでしょう。

自分や家族の身の回りをキレイに整え、家の中に良い気を取り入れて、災いから身を守るようにすると安心です。

ねうしまりへのご相談はこちらから

Posted by ねうしまり