算命学【申酉天中殺】2021年運勢

2020-07-282021年のお金・仕事・恋愛・健康運,ブログ

申酉天中殺
2021年の運勢

運勢の流れを、12に分けた
植物の成長段階」で説明すると、

さるとり天中殺をもっている人の2021年は
生い茂る」という流れになります。

生い茂るとは、草木が成長して盛んに生い茂り、大地をおおうように植物が広がっている状態をあらわしています。

このような流れのときは、今まで関心がなかったことや、手をつけなかったことにまで、かかわる状態になります。

活動を広げたときに、行き詰りになることがあるかも知れませんが、流れに乗ることで行き詰まりを克服することができます。

大切なのは「勢い」です。

・チャンスをつかんだらすばやく行動。
・思い切って手を付ける、など。

2021年はスピード感をもって行動すると良いでしょう。

人脈が広がる

2021年は、さるとり天中殺の人にとって人脈が広がる年になります。

人付き合いが少ないなら、思い切って「気になる人」に声をかけると良いでしょう。

なぜなら、

申酉天中殺をもっている人にとって、2021年から2023年は運気が上昇する3年間になります。

これから運気が上がる時に、応援してくれる人とのつながりを大切にすると良い、ということです。

2021年は、自分1人では達成できない「大きな夢をかなえる同志」を見つけるのに良い年、ということになるのです。

8・9月は注意が必要

さるとり天中殺をもっている人は、8月と9月に天中殺の影響を受けます。さらに言うと、1年を通して「申(さる)と酉」(とり)の日」も気をつけたほうが良いです。

何に気をつけるかというと、
配偶者やパートナーとの関係です。

天中殺の月である8月・9月や、申と酉の日は、配偶者やパートナーとの関係が変化する可能性があります。

仕事に熱心に取り組むあまり、配偶者やパートナーとの親密な関係をたもつ気持ちが薄いので、配偶者やパートナーからの反発や裏切りにあう可能性があります。

天中殺の月である8月と9月は配偶者やパートナーの言動に特に注意し、日頃の感謝を伝えるようにすると良好な関係を長続きさせることができます。

自分一人で仕事ができていると思わず、周囲の人に感謝する気持ちを伝えることで、今年の財運を強くすることができるでしょう。

良い気を取り入れる

家の中にある物に、いつのまにか住んでいる人の気が入ることがあります。物を大切にあつかっていると、物は良い気をもつようになり、ホコリまみれで汚れがひどいと良くない気をもつことがあります。

良くない気をもつ物に囲まれて生活していると運気が下がってきます。ですから、運気が下がらないように家の中をキレイな状態にたもつと良いのです。

汚れている物、壊れている物、見て嫌な感じがする物は、捨てるか欲しい人に譲るなど、家の中から出してしまうと良いでしょう。

自分や家族の身の回りをキレイに整え、家の中に良い気を取り入れて、災いから身を守るようにすると安心です。

鑑定のお問い合わせはこちらから