【才能占技】子どもの才能の伸ばし方

2020-07-18才能,ブログ

子育てをどうしたらいいのかわからない、と思ったことはないでしょうか?

がんばっているけど、思ったようにいかないことが多くてイライラしてしまう。

子どもの才能を伸ばしてあげたいけど、何が良いのかわからない。

そんな、子育てについてのイロイロなお悩みをおもちの方のために、今日は記事を書いていきます。

子どもに合った環境で育てる
と能力を伸ばすことができる

子どもが生まれた日の星の並びから、子どもにあった環境を知ることができます。

子どもに合った環境で育てると、子どもは自然に伸びていきます。

子どもがもっている能力を、無理せず自然にスクスクと伸ばすことができるのです。

・どこを伸ばしてあげると良いのか
・どのように接したらいいのか

これらのことがわかるようになるので、子育てのストレスが少なくなり、子どもの将来が楽しみになります。

では、子どもに合った環境を知る方法をご紹介いたします。

子どもに合った環境を知る

子どもに合った環境を知るには
アプリを使って「星」を調べます。

子どもの生年月日を入力して、
中央に出た星で判断します。

・陽占の北にある星は親との関係
・陽占の中央の星は子どもの本質

になります。

どういう環境をあたえられると伸びて
いくのかを、星の意味から考えます。

入力フォームの使い方はこちらから

目次

貫索星に合った環境

陽占の北に
貫索星(かんさくせい)
をもっている子どもに合う環境

陽占の北に「貫索星」があると、子どもからみた親の性格は「頑固」という感じになります。

自分のやり方が正しいと思っていて、考え方を変えようなどとは思わない親です。

なので、子どもと感性が合わない場合、子どもは「つらいな~」となります。

このような場合、親は自分の考えを押し付けずに、子どもの気持ちや意志を聞く習慣をもつと、子どもは自然に伸びていきます。

子どもの考えを否定せず、子どもの意志を尊重するような環境で育てると上手く育てることができます。

陽占の中央に
貫索星(かんさくせい)
をもっている子どもに合う環境

陽占の中心星に「貫索星」があると、マイペースな子どもになります。

自分のペースをもっているので、人に合わせようとは思いません。

自分がやりたいと思うことを、自分のやり方で、自分のペースでやり続けることを好みます。

ですので、親はなるべく手を貸さず、見守るような環境で育てると子どもは自然に伸びていきます。

自分のことは自分で出来るように見守るのです。何かをする時、時間がかかったとしても自分でやりとげるまで、親は手を出さないようにする。

それが大切です。

やりきった達成感は自信になりなって、子どもの自己肯定感を育ててくれます。

貫索星は守りの星なので、自分で生きていける力を身に付けると、自分や家族を守る気持ちが育ち、自分に合った運勢が伸びるようになるのです。

石門星に合った環境

陽占の北に
石門星(せきもんせい)
をもっている子どもに合う環境

陽占の北に「石門星」があると、子どもからみた親の性格は「外交的」という感じになります。

家にお客さまをまねいてパーティーをするとか、友人夫婦と一緒に旅行をする。

そんな、親です。

たくさんの人が出入りするような家か、自営業の客商売で毎日たくさんのお客さまの相手をするような家ですね。

つまり、子どもの頃からたくさんの人と会って、話を聞いて、話を聞いてもらうような環境で育てると、社交性が伸びていきます。

社会に出たときに必要な「社交性」や「協調性」が自然に身に付く環境で育てると、上手く育てることができるのです。

陽占の中央
石門星(せきもんせい)
をもっている子どもに合う環境

陽占の中心星に「石門星」があると、上下関係を気にしない子どもになります。

親や教師に敬意をはらうような気持ちはもっていません。人間みな平等、対等、同じ、というような感覚をもっています。

礼儀をわきまえない態度をみて、「生意気」と受け取られるようなことがありそうです。

本人に悪気はなくても、相手によっては怒らせてしまい、無礼な奴だと誤解されるかもしれません。

ですので、石門星を中心にもっている子どもが上手く社会生活をおくるためには、相手のふところに入り込むような可愛さが必要になります。

見た目の可愛さより、人間的な可愛げを育てることが大切になります。人に好かれる美点を磨く環境で育てると成長が楽しみになります。

美点は、スポーツや勉強、趣味、話術、おもしろさなど、人とのかかわりの中で身に付けていくと良いでしょう。

鳳閣星に合った環境

陽占の北に
鳳閣星(ほうかくせい)
をもっている子どもに合う環境

陽占の北に「鳳閣星」があると、子どもからみた親の性格は「のんびり」という感じになります。

自然のなかで過ごすことを好み、急がずのんびりとした生活を好むような親です。

考え方が若く、楽観的で、あくせくしない性格をもった親、ということになります。

ですので、のんびり、ゆったり、生活を楽しみ、楽観的に生活するような環境で育てられると、子どもは自然に伸びていきます。

イロイロな環境に適応できる能力を育てために、答えは1つではない、という柔軟な考え方を教えてあげると良いでしょう。

陽占の中央に
鳳閣星(ほうかくせい)
をもっている子どもに合う環境

陽占の中心星に「鳳閣星」があると、距離感のある子どもになります。

目的がない行動が苦手です。世間話をながながと話しつづけるようなことはできません。無理なんです。

そして、人と一緒にいるためには目的が必要です。映画をみる、ご飯をたべる、何かを買いにいく、などの目的です。

ですので、目的をもてるような環境で育ててあげると上手く育てることができます。

目的は、子どもが興味を感じるものにすることが大切です。嫌だと感じることはしません。

無理強いするとやる気をなくしてしまいます。子どもが興味を感じる目標を達成できるようにサポートしてあげると、子どもは自然に伸びていきます。

調舒星に合った環境

陽占の北に
調舒星(ちょうじょせい)
をもっている子どもに合う環境

陽占の北に「調舒星」があると、子どもからみた親の性格は「デリケート」という感じになります。

思い通りにならなくてイライラしたり、完璧をもとめて自分やまわりに怒りを感じるような親です。

思い通りにならないイラダチをなんとかするために、気持ちをはきだすものを創り出す芸術家気質をもっているような親です。

ですので、気持ちを上手くはきだすツールを作り出せる環境で育てられると、子どもは自然に伸びていきます。

モヤモヤする気持ちを絵にする。音楽をつくる。文章に書くなど、自分の思いを出せるようなものがあると向上心が育っていきます。

ほめて伸ばすタイプではありません。反発する気持ちが向上心を育てるので、必要以上に甘やかすのはダメです。

創作意欲がめばえるような環境で育てると、子どもは自然に伸びていきます。

陽占の中央に
調舒星(ちょうじょせい)
をもっている子どもに合う環境

陽占の中心星に「調舒星」があると、繊細な子どもになります。

「自分の気持ちをわかってくれる人なんていない」と思うような子どもです。

心の中にあたたかい気持ちはもっているのですが、気持ちを人に伝えるのは苦手です。

人から受けた仕打ちや、傷つけられたことは忘れないので、あつかいには気をつけましょう。

失敗を恐れる気持ちがあり、何かを始めるまでに時間がかかるので、「早く!」などと、せかしたりせず、見守りながら、自分から始めるまで待ってあげるような環境で育てると、子どもは自然に伸びていきます。

禄存星に合った環境

陽占の北に
禄存星(ろくぞんせい)
をもっている子どもに合う環境

陽占の北に「禄存星」があると、子どもからみた親の性格は「奉仕的」という感じになります。

困っている人をみると助けてあげたくなる気持ちが強い。人のためになる人になりたい気持ちがある親です。

家族、友人、知人はもちろん、見ず知らずの人でも困っている姿を見たとき、何かしてあげることはないか、と考えるような親です。

ですので、自分の子どもだから可愛がる、というような意識ではなく、まわりにいる人をふくめて公平に愛情を注ぐような育て方をすると、子どもは自然に伸びていきます。

陽占の中央に
禄存星(ろくぞんせい)
をもっている子どもに合う環境

陽占の中心星に「禄存星」があると、認めてほしいという気持ちを持っている子どもになります。

何かを成し遂げた時には「ちゃんと評価してほしい」と思う子どもです。

ですので、子どものようすをみて、良いことをしたときには、しっかりと褒めてあげましょう。

「良いことをした」ことを、しっかりと認めてあげるように心がけましょう。

そうすることで、自己肯定感や、社会にでたときに役立つ対応能力が身に付きます。

自分のおこないを見届けられる、認められる、褒めてもらえる環境で育てると、子どもは伸びていきます。

司禄星に合った環境

陽占の北に
司禄星(しろくせい)
をもっている子どもに合う環境

陽占の北に「司禄星」があると、子どもからみた親の性格は「地味」という感じになります。

むだ使いせず、地味な暮らしをつつましく続けていける親です。

毎日、同じリズムで同じことを繰り返すような、落ち着いた安定した環境で育てると、子どもは伸びていきます。

地に足のついた生活をおくりながら、時間をかけて能力をのばしていく環境で育つと、子どもは自然に伸びていくようになります。

陽占の中央に
司禄星(しろくせい)
をもっている子どもに合う環境

陽占の中心星に「司禄星」があると、まじめな子どもになります。

親からすると「意欲がない子ども」にみえることもあるのですが、時間をかけて少しずつ成長していくのが司禄星の特徴なので、子どもを責めないようにすることが大切です。

すぐに結果をもとめず、地味な努力をみとめてあげるような環境で育てると、忍耐力が身につき、子どもは安心して伸びていきます。

車騎星に合った環境

陽占の北に
車騎星(しゃきせい)
をもっている子どもに合う環境

陽占の北に「車騎星」があると、子どもからみた親の性格は「活動的」という感じになります。

落ち着きがなく、短気で、じっとしていることができないような親です。

お世辞や思ってもいないことを言うのが苦手で、正直さを好む親なので、親と同じように、正直な気持ちを素直に表現できる環境で育つと、子どもは自然に伸びていきます。

身体を動かすスポーツや、人と競い合う競技に参加して闘争心を満足させる環境で育てると、子どもは自然に伸びていきます。

陽占の中央に
車騎星(しゃきせい)
をもっている子どもに合う環境

陽占の中心星に「車騎星」があると、競争心が旺盛な子どもになります。

「競争心なんてないわー」という感じに育っているなら、今からでも遅くはありません。

人と競って勝つよろこびを体験させてあげると、子どもは自然に伸びていきます。

人とあらそわなくても、自分との戦いに挑む、というものでもOKです。

目標を決めて、がんばって目標を達成できるような環境で育てると、子どもは自然に伸びていきます。

牽牛星に合った環境

陽占の北に
牽牛星(けんぎゅうせい)
をもっている子どもに合う環境

陽占の北に「牽牛星」があると、子どもからみた親の性格は「品がある」という感じになります。

自意識やプライドが高いので、人から笑われるようなことは耐えられない、と思うような親です。

ですので、子どもにも「人から笑われない」ような人になることを求めます。

子どもの器にあったものを満たしてあげるといいのですが、過剰な期待を押し付けるようなことをすると子どもは伸びません。

子どもが、自分から自発的にやり始めて出来たことをしっかりと褒めてあげるような環境で育てると、子どもは自然に伸びていきます。

陽占の中央に
牽牛星(けんぎゅうせい)
をもっている子どもに合う環境

陽占の中心星に「牽牛星」があると、居場所をもとめる子どもになります。

自分が居ても良いと思える環境をもとめる子どもです。

ぞんざいにあつかわれたり、「居ても居なくてもても同じ」というようなあつかいを受けると子どもは傷つきます。

「あなたが居てくれるから助かった」とか、「「私にとってはあなたが誇りよ」など、子どもの自負心を満足させてあげられるような環境で育てると、子どもは自然に伸びていきます。

龍高星に合った環境

陽占の北に
龍高星(りゅうこうせい)
をもっている子どもに合う環境

陽占の北に「龍高星」があると、子どもからみた親の性格は「変わっている」という感じになります。

社会の常識より、自分の価値観や自分が興味を感じるものを優先するような親です。

興味を感じるのは、「ものごとの不思議」や、「今までには無かった新しいこと」、「隠されていた真実」など、新鮮なおどろきを感じるものです。

ですので、イロイロな体験や、経験をとおして「知りたい意欲がわく」ような環境で育てると、子どもは好奇心をかきたてられて、伸びていきます。

陽占の中央に
龍高星(りゅうこうせい)
をもっている子どもに合う環境

陽占の中心星に「龍高星」があると、自由をもとめる子どもになります。

好奇心をみたしてくれる環境で自由に行動できる環境で育てると、子どもは自然に伸びていきます。

自分でつくりあげたものを壊すなど、親からみると理解できない行動をすることがありますが、「新しいものを生み出すための破壊」であることを理解してあげると、子どもは安心して新しいステージに行くことができます。

ただ、なにも刺激がないような環境や、目的をみつけられないときには動けなくなります。

そんな時には、自然のなかで身体と心を休めると、エネルギーが回復してまた動けるようになります。

不思議なものに興味をもたせてあげる環境で育てると、子どもは自然に伸びていきます。

玉堂星に合った環境

陽占の北に
玉堂星(ぎょくどうせい)
をもっている子どもに合う環境

陽占の北に「玉堂星」があると、子どもからみた親の性格は「争いをこのまない」という感じになります。

人と争うことが苦手なので、一般的な常識にしたがい、現実的な考え方や行動を選択する親です。

つまり、世間体を大切にして、人と違うことをして目立ちたくない、という感じの親です。

ですので、子どもが好き勝手なことをすることを許せない、という気持ちを親は持つようになります。

子どもを「毒舌」でコントロールする親になる危険もあります。

子どもをコントロールしようとして、子どもとの関係を悪化させないようにするためには、子どもの成長過程で必要なことを学ぶようにすると良いでしょう。

子どもや教育についての知識を深めるような環境で育てると、子どもは自然に伸びていきます。

陽占の中央に
玉堂星(ぎょくどうせい)
をもっている子どもに合う環境

陽占の中心星に「玉堂星」があると、おちついた子どもになります。

たくさんの人とにぎやかに過ごすより、静かにおとなしくしていることを好みます。

自分の好きなことを、静かにやり続けることを好みます。

誰かにジャマされたり、否定されることがあっても、しばらくの間は我慢しています。でも、我慢の限界をこえたときは激しく反発します。

内に秘めたものが熱いのです。

知識や情報を吸収するための、静かでおちついた環境で育てると、子どもは自然に伸びていきます。

鑑定のお問合せはこちらから

Posted by ねうしまり