母との関係が上手くいかない。理解してもらえない気持ち

2018-09-17公開しても良いなら無料で占います!, ブログ

目次

こんにちは、ねうしまりです。

今日は、おかあさんとの関係で悩んでいる方からの占い依頼です。

算命学の占いをお悩み解消に役立ててもらいたいのでご紹介しますね。

本日のご相談

昔から母と上手く行かず、ずっと悩んでいました。

結婚して家をでたら関係が変わるかと思っていたのにあいかわらず上手くいきません。

母の期待に応えたいという気持ちがあり、甘えたい気持ちもあります。

でも、母には素直になれず、仲良く出来ない。

どうしたら良い関係になれるのでしょう?

30代 女性

鑑定のご依頼ありがとうございます

母親との関係が上手くいかない、というお悩みですね?

おかあさんの言葉や態度がどうしても気になる。

わかります、その気持。

母親との関係が上手くいっている人には理解してもらえないお悩みですね。

母親と仲良くできないことで悩み、周りの人に理解してもらえなくてさらに悩む。

そんなお悩みにこたえるため、まずは宿命からご相談者の気持ちや考え方を探っていきましょう。

回 答

ご相談者はどんな人なのか、鑑定してみました。

家族思いで、家族みんなが仲良くまとまって暮らせること望んでいます。

家族と仲良くしたい気持ちは十分に持っているのですが、自分の気持ちも大切にしたい。

お母さんと仲良くしたいけど、お母さんの言いなりになるのは嫌。

つまり、ご相談者とお母さんとは価値観が違う、というところに仲良くできない原因があります。

価値観が違うのに無理に合わせようとするから上手くいかなくなります。

ご相談者の場合、価値観が違う人と付き合うのはむずかしいので、無理して付き合わなくても良い、と思うことが大切です。

自分の気持ちをいつわらずに表現するようにすると、気持ちが落ち着きます。

嫌なことは嫌と伝える。

できないことはできない、したくないことはしたくないと伝える。

言葉にして伝えるのが難しいときには、態度で伝えることができます。

精神的に自立して、自分の気持にふみこまれすぎないようにすることで、良い距離をたもてるようになります

 

なぜ、このような回答になるのかお知りになりたいかたは下記をお読みください。

長文です。

自分自身を支えるもの

心の中の人物・興味

ご相談者は「海」の性質を持っています。

海は大量の水、という意味で、豊かな感情を持っている、ということになります。

うちに秘めた感情は豊かなのですが、あまり表には出てきません。

海の性質を持つ人は束縛されることや、規則にしたがうことが苦手です。

好き嫌いが激しく、短気なところもあるのですが、あまり表面には出しません。

つまり、ご相談者の性格として、普段は喜怒哀楽をはっきりとださないところがあり、まわりからみて何を考えているのかわかりにくいところがあるようです。

現実の世界で関わる人物・興味

現実の世界で関わる人物・興味の中には、

・自分の理解者と行動をともにしたい気持ち

が入っています。

自分を理解してくれる人の存在がご相談者を支えている感じですね。

支える、というのは気持ちの軸になるようなもので、信念ということもできます。

自分を理解してくれる人と行動をともにしたい気持ちがあるので、言葉を変えると、自分を理解してくれない人とは行動をともにしたくない、ということになりそうです。

エネルギー

自分自身や自分を支えるものを動かしているのは「王さま」というエネルギーです。

「王さま」というエネルギーは、エネルギーの中で最大の大きさ(強さ)を持っています。

エネルギーの大きさは人間的な器の大きさです。

豪華客船のような性質を持つので、スタートはゆっくりです。

バタバタと動き回るようなことはしないので、王さまのエネルギーを持っている人はゆったりと穏やかな人にみえます。

子供の頃は動きが鈍く、成長のスピードがゆっくりしているように見えますが、内心の自我と頑固さは強いものを持っています。

いったん嫌と言いだしたら、テコでも動かないような強さを発揮します。

ゆったりと時間をかけて人間的な器を大きくしていく人、といえるでしょう。

気の割合

これはご相談者が持っている「気」の割合です。

「気」の種類は10種類で、平均すると5~6種類の「気」を持っている方が多いです。

上のグラフをみると、「気」が6種類なので、気の数は平均的です。

1番量が多いのは

・自分をストレートに表現したい気持ち

という気持ちで、全体の27%を占めています。

次に多い「気」は

・自分のやり方、考え方を変えたくない気持ち

という気持ちで、全体の18%です。

上記の2つの「気」の意味をあわせて考えると、

自分の気持や考え方がしっかりとあり、その気持を本音で表現したい人

ということになります。

宿命の中のオプション

ご相談者の宿命のなかに、オプションがあります。

オプションとは特別な働きをするものです。

気持ちが強くなる働きや、やり始めたことをまとめるのがうまくいなかくなるような働きなど、イロイロな働きがあります。

ご相談者の宿命のなかのオプションは2つあります。

1つ目のオプション

【自分と価値観が違う人に意見したくなる気持ち】

ネズミとウサギの関係は、バランスが取れている状態を求めます。

自分の意思がすみずみまで行き渡っている環境のなかで過ごすことを好みます。

つまり、自分にとって居心地のいい環境、一緒にいて気を使わなくても良い人と過ごしたい気持ちを持っています。

そのため、価値観が違う人と一緒に行動するのは苦手です

つい、相手の行動に対して一言いいたくなり、口にしてしまうことが多いでしょう。

2つ目のオプション

【自分の考えに人を巻き込んでいく運を持っている

ネズミとサル、このオプションを持っていると自分に気持ちに忠実に生きたいという思いが強くなります。

家庭や家族を大切にして、家族としてまとまっていこうとする気持ちも持っています。

自分の気持に正直に生きたいという思いが強く、単独行動を好みます。

自分の思い通りにことが運ばないと、他の人よりストレスを感じます。

気持ちの流れ

ご相談者が宿命で持っている気持ちを五行におきかえてみました。

「自分で体験して確かめたい気持ち」

になります。

そして、水は木を育て、

自分の理解者と行動をともにしたい気持ち

になります。

そして、木は燃えて火を生み出し、

自分の気持ちいつわらずに表現したい気持ち

になります。

まとめ

ご相談内容

昔から母と上手く行かず、ずっと悩んでいました。

結婚して家をでたら関係が変わるかと思っていたのにあいかわらず上手くいきません。

母の期待に応えたいという気持ちがあり、甘えたい気持ちもあります。

でも、母には素直になれず、仲良く出来ない。

どうしたら良い関係になれるのでしょう?

回 答

ご相談者の性格をまとめると、

・表面的に穏やかで、喜怒哀楽をハッキリ出さないため、何を考えているのか他の人からみると、わかりにくいところがある。

・自分の気持や考え方がしっかりとあり、その気持を本音で表現したい人。

・価値観が違う人と一緒にいたり、行動したりするのは苦手。

・家庭や家族を大切にして、家族としてまとまっていこうとする気持ちがある。

このような気持ちを持っている方です。

家族思いで、家族みんなが仲良くまとまって暮らせること望んでいます

家族と仲良くしたい気持ちは十分に持っているのですが、自分の気持ちも大切にしたい。

お母さんと仲良くしたいけど、お母さんの言いなりになるのは嫌

つまり、ご相談者とお母さんとは価値観が違う、というところに仲良くできない原因があります。

価値観が違うのに無理に合わせようとするから上手くいかなくなります。

ご相談者の場合、価値観が違う人と付き合うのはむずかしいので、無理して付き合わなくても良い、と思うことが大切です。

自分の気持ちをいつわらずに表現するようにすると、気持ちが落ち着きます。

嫌なことは嫌と伝える。

できないことはできない、したくないことはしたくないと伝える。

言葉にして伝えるのが難しいときには、態度で伝えることができます。

精神的に自立して、自分の気持にふみこまれすぎないようにすることで、良い距離をたもてるようになります

ねうしまりへのご相談はこちらからどうぞ

Posted by ねうしまり