日干【庚】の守護神

2020-03-04守護神,ブログ

【庚】をもっている人は、受けついだ流れを調整して新しくする力を持っています。形を変えて進化させる力です。

守護神が回ってくる時期に、改革をする、生活態度を改めるなど、変化することでステップUPできます。

この記事では、日干が【庚】の人を守ってくれる守護神を、生まれた月別で紹介しています。

目次

12月生まれの守護神

12月は冬の盛り。
昼の長さが一番短い、
暗くて寒い冬の最盛期。

日干「庚」
12
月生まれの守護神

丁 甲 丙

寒さがもっとも強くなる時期に生まれた庚(こうきん)にとっては、寒さをやわらげてくれる丁(ていか)と、丁の燃料になる甲(こうぼく)が自分を守ってくれるものになります。

自分を守ってくれるもの

日光浴をする。温泉につかって身体を温める。お灸をする。キャンドルやあかりを灯す。身体を温める料理や飲み物をとる。にんじん、トマト、赤かぶなど、赤い野菜を食べる。鶏肉を食べるなど。ラッキーカラーは、灯りや太陽をイメージさせる赤やオレンジ色。

森林浴をする。芝生がある公園に行く。盆栽を楽しむ。観葉植物を身近に置く。酸味のある果物を食べる。青野菜を食べる。漢方薬を飲むなど。ラッキーカラーは、木をイメージさせる緑や青。

自分を強くしてくれるもの

太陽の光で温めてくれる丙(へいか)が自分を強くしてくれるものになります。

日光浴をする。温泉につかって身体を温める。お灸をする。キャンドルやあかりを灯す。身体を温める料理や飲み物をとる。にんじん、トマト、赤かぶなど、赤い野菜を食べる。鶏肉を食べるなど。ラッキーカラーは、灯りや太陽をイメージさせる赤やオレンジ色。

1月生まれの守護神

1月は冬の終わり。
川の水や大地が凍る極寒の時期。

日干「庚」
1月生まれの守護神

丙 丁 甲

凍る大地の中に閉じ込められる極寒の時期に生まれた庚(こうきん)にとっては、凍った土をとかしてくれる、太陽である丙(へいか)が自分を守ってくれるものになります。

自分を守ってくれるもの

日光浴をする。温泉につかって身体を温める。お灸をする。キャンドルやあかりを灯す。身体を温める料理や飲み物をとる。にんじん、トマト、赤かぶなど、赤い野菜を食べる。鶏肉を食べるなど。ラッキーカラーは、灯りや太陽をイメージさせる赤やオレンジ色。

自分を強くしてくれるもの

寒さをやわらげる丙(へいか)がない場合は、丁(ていか)が自分を強くしてくれるものになります。丁の燃料となる甲(こうぼく)も自分を強くしてくれるものになります。

日光浴をする。温泉につかって身体を温める。お灸をする。キャンドルやあかりを灯す。身体を温める料理や飲み物をとる。にんじん、トマト、赤かぶなど、赤い野菜を食べる。鶏肉を食べるなど。ラッキーカラーは、灯りや太陽をイメージさせる赤やオレンジ色。

森林浴をする。芝生がある公園に行く。盆栽を楽しむ。観葉植物を身近に置く。酸味のある果物を食べる。青野菜を食べる。漢方薬を飲むなど。ラッキーカラーは、木をイメージさせる緑や青。

2月生まれの守護神

2月は春の始め。
太陽の光が大地にふりそそぎ、
草木の芽が出てくる時期。

日干「庚」
2
月生まれの守護神

丙 甲 壬 丁 戊

まだ寒さが続く時期に生まれた庚(こうきん)にとっては、寒さをやわらげてくれる太陽の光である丙(へいか)と、かたい土をほぐしてくれる甲(こうぼく)が自分を守ってくれるものになります。

自分を守ってくれるもの

日光浴をする。温泉につかって身体を温める。お灸をする。キャンドルやあかりを灯す。身体を温める料理や飲み物をとる。にんじん、トマト、赤かぶなど、赤い野菜を食べる。鶏肉を食べるなど。ラッキーカラーは、灯りや太陽をイメージさせる赤やオレンジ色。

森林浴をする。芝生がある公園に行く。盆栽を楽しむ。観葉植物を身近に置く。酸味のある果物を食べる。青野菜を食べる。漢方薬を飲むなど。ラッキーカラーは、木をイメージさせる緑や青。

自分を強くしてくれるもの

命式や後天運で火が多い場合は、火の気を弱めてくれる戊(ぼど)を使い、丙の代わりに丁(ていか)を使うこともできます。「寅・午・戌」で三合会局すると火の気が強くなるので、壬(じんすい)が自分を強くしてくれるものになります。

海や川、滝や噴水で水に親しむ。自宅まわりに打ち水をする。プールで泳ぐ。小豆や黒豆、ごぼうなど黒い野菜を食べる。魚肉を食べるなど。ラッキーカラーは黒、水をイメージさせる色。

日光浴をする。温泉につかって身体を温める。お灸をする。キャンドルやあかりを灯す。身体を温める料理や飲み物をとる。にんじん、トマト、赤かぶなど、赤い野菜を食べる。鶏肉を食べるなど。ラッキーカラーは、灯りや太陽をイメージさせる赤やオレンジ色。

家庭菜園や畑で土いじりをする。陶芸で土と親しむ。指圧やマッサージを受ける。米、穀類、芋などを食べる。黄色い食品を食べるなど。ラッキーカラーは、土をイメージさせる黄色や茶色。

3月生まれの守護神

3月は春の盛り。
植物が太陽の光を
あびてすくすくと成長する時期。

日干「庚」
3月生まれの守護神

丁 甲 丙 庚 

庚と、卯の蔵干の乙が干合して、金の気が強くなる時期に生まれた庚(こうきん)にとっては、金の気を弱めてくれる丁(ていか)と、丁の燃料となる甲(こうぼく)が自分を守ってくれるものになります。

自分を守ってくれるもの

日光浴をする。温泉につかって身体を温める。お灸をする。キャンドルやあかりを灯す。身体を温める料理や飲み物をとる。にんじん、トマト、赤かぶなど、赤い野菜を食べる。鶏肉を食べるなど。ラッキーカラーは、灯りや太陽をイメージさせる赤やオレンジ色。

森林浴をする。芝生がある公園に行く。盆栽を楽しむ。観葉植物を身近に置く。酸味のある果物を食べる。青野菜を食べる。漢方薬を飲むなど。ラッキーカラーは、木をイメージさせる緑や青。

自分を強くしてくれるもの

丁(ていか)がない場合は丙(へいか)で金の気を弱め、甲があれば庚を燃料にするためのオノとして庚(こうきん)が自分を強くしてくれるものになります。

日光浴をする。温泉につかって身体を温める。お灸をする。キャンドルやあかりを灯す。身体を温める料理や飲み物をとる。にんじん、トマト、赤かぶなど、赤い野菜を食べる。鶏肉を食べるなど。ラッキーカラーは、灯りや太陽をイメージさせる赤やオレンジ色。

鉄アレイやトレーニングマシンを使って筋肉を鍛える。鉄の調理器具や食器を使用する。石や宝石を愛でる。鍼灸治療を受ける。大根、ゆり根などの白い食品、牛肉や豚肉や羊肉を食べるなど。ラッキーカラーは、鋼鉄をイメージさせる白や輝きがある色。

4月生まれの守護神

4月は春の終わり。
太陽の光が力を持ち始め、
植物成長の勢いがます時期。

日干「庚」
4月生まれの守護神

甲 丁 壬 癸

土の気が強くなる時期に生まれた庚(こうきん)にとっては、土の気を弱めて土に埋没することをふせいでくれる甲(こうぼく)と、庚を鍛えて強くしてくれる丁(ていか)が自分を守ってくれるものになります。

自分を守ってくれるもの

森林浴をする。芝生がある公園に行く。盆栽を楽しむ。観葉植物を身近に置く。酸味のある果物を食べる。青野菜を食べる。漢方薬を飲むなど。ラッキーカラーは、木をイメージさせる緑や青。

日光浴をする。温泉につかって身体を温める。お灸をする。キャンドルやあかりを灯す。身体を温める料理や飲み物をとる。にんじん、トマト、赤かぶなど、赤い野菜を食べる。鶏肉を食べるなど。ラッキーカラーは、灯りや太陽をイメージさせる赤やオレンジ色。

自分を強くしてくれるもの

火の気が強くなりすぎるのをふせぐため、天干に火がある場合は壬(じんすい)を使い、地支に火がある場合は癸(きすい)を使って火の気を弱くすることが、自分を強くしてくれることになります。

壬 癸

海や川、滝や噴水で水に親しむ。自宅まわりに打ち水をする。プールで泳ぐ。小豆や黒豆、ごぼうなど黒い野菜を食べる。魚肉を食べるなど。ラッキーカラーは黒、水をイメージさせる色。

5月生まれの守護神

5月は夏の始め。
日の光が輝き、
明るい活気があふれる時期。

日干「庚」
5月生まれの守護神

壬 丙 戊 丁

火の勢いが強くなり熱くなる時期に生まれた庚(こうきん)にとっては、熱を冷やしてくれる壬(じんすい)と、熱から守ってくれる土である戊(ぼど)を生み出してくれる丙(へいか)が自分を守ってくれるものになります。

自分を守ってくれるもの

海や川、滝や噴水で水に親しむ。自宅まわりに打ち水をする。プールで泳ぐ。小豆や黒豆、ごぼうなど黒い野菜を食べる。魚肉を食べるなど。ラッキーカラーは黒、水をイメージさせる色。

日光浴をする。温泉につかって身体を温める。お灸をする。キャンドルやあかりを灯す。身体を温める料理や飲み物をとる。にんじん、トマト、赤かぶなど、赤い野菜を食べる。鶏肉を食べるなど。ラッキーカラーは、灯りや太陽をイメージさせる赤やオレンジ色。

家庭菜園や畑で土いじりをする。陶芸で土と親しむ。指圧やマッサージを受ける。米、穀類、芋などを食べる。黄色い食品を食べるなど。ラッキーカラーは、土をイメージさせる黄色や茶色。

自分を強くしてくれるもの

「巳・酉・丑」の三合会局で金の気が強くなった場合は、金の気を弱めてくれる丁(ていか)が自分を強くしてくれるものになります。

日光浴をする。温泉につかって身体を温める。お灸をする。キャンドルやあかりを灯す。身体を温める料理や飲み物をとる。にんじん、トマト、赤かぶなど、赤い野菜を食べる。鶏肉を食べるなど。ラッキーカラーは、灯りや太陽をイメージさせる赤やオレンジ色。

6月生まれの守護神

6月は夏の盛り。
昼の長さが一番長くなる、
暑さが厳しい時期。

日干「庚」
6月生まれの守護神

壬 癸

暑さが激しく、火の気が強くなる時期に生まれた庚(こうきん)にとっては、暑さを冷やしてくれる壬(じんすい)と癸(きすい)が自分を守ってくれるものになります。

自分を守ってくれるもの

壬 癸

海や川、滝や噴水で水に親しむ。自宅まわりに打ち水をする。プールで泳ぐ。小豆や黒豆、ごぼうなど黒い野菜を食べる。魚肉を食べるなど。ラッキーカラーは黒、水をイメージさせる色。

7月生まれの守護神

7月は夏の終わり。
植物の成長が最盛期になる時期。

日干「庚」
7月生まれの守護神

丁 甲

火の気が強くなり、乾燥する時期に生まれた庚(こうきん)にとっては、庚を鍛えて強くしてくれる丁(ていか)が自分を守ってくれるものになりますが、地支に土の気が多い場合は土の気を弱くしてくれる甲(こうぼく)が自分を守ってくれるものになります。

自分を守ってくれるもの

日光浴をする。温泉につかって身体を温める。お灸をする。キャンドルやあかりを灯す。身体を温める料理や飲み物をとる。にんじん、トマト、赤かぶなど、赤い野菜を食べる。鶏肉を食べるなど。ラッキーカラーは、灯りや太陽をイメージさせる赤やオレンジ色。

森林浴をする。芝生がある公園に行く。盆栽を楽しむ。観葉植物を身近に置く。酸味のある果物を食べる。青野菜を食べる。漢方薬を飲むなど。ラッキーカラーは、木をイメージさせる緑や青。

8月生まれの守護神

8月は秋の始まり。
暑さは続くが朝晩に
秋の気配を感じる時期。

日干「庚」
8月生まれの守護神

丁 甲

秋が始まり金の気が強くなる時期に生まれた庚(こうきん)にとっては、金の気を弱めてくれる丁(ていか)と、丁の燃料となる甲(こうぼく)が自分を守ってくれるものになります。

自分を守ってくれるもの

日光浴をする。温泉につかって身体を温める。お灸をする。キャンドルやあかりを灯す。身体を温める料理や飲み物をとる。にんじん、トマト、赤かぶなど、赤い野菜を食べる。鶏肉を食べるなど。ラッキーカラーは、灯りや太陽をイメージさせる赤やオレンジ色。

森林浴をする。芝生がある公園に行く。盆栽を楽しむ。観葉植物を身近に置く。酸味のある果物を食べる。青野菜を食べる。漢方薬を飲むなど。ラッキーカラーは、木をイメージさせる緑や青。

9月生まれの守護神

9月は秋の最盛期。
雨や台風などで
天候が変わりやすい時期。

日干「庚」
9月生まれの守護神

丁 甲 丙

秋の気である金の気が最大に強くなる時期に生まれた庚(こうきん)にとっては、金の気を弱めてくれる丁(ていか)と、丁の燃料となる甲(こうぼく)が自分を守ってくれるものになります。

自分を守ってくれるもの

日光浴をする。温泉につかって身体を温める。お灸をする。キャンドルやあかりを灯す。身体を温める料理や飲み物をとる。にんじん、トマト、赤かぶなど、赤い野菜を食べる。鶏肉を食べるなど。ラッキーカラーは、灯りや太陽をイメージさせる赤やオレンジ色。

森林浴をする。芝生がある公園に行く。盆栽を楽しむ。観葉植物を身近に置く。酸味のある果物を食べる。青野菜を食べる。漢方薬を飲むなど。ラッキーカラーは、木をイメージさせる緑や青。

自分を強くしてくれるもの

秋の寒さを太陽の光で温めてくれる丙(へいか)が自分を強くしてくれるものになります。

日光浴をする。温泉につかって身体を温める。お灸をする。キャンドルやあかりを灯す。身体を温める料理や飲み物をとる。にんじん、トマト、赤かぶなど、赤い野菜を食べる。鶏肉を食べるなど。ラッキーカラーは、灯りや太陽をイメージさせる赤やオレンジ色。

10月生まれの守護神

10月は秋の終わり。
冷たい空の青さが
冬の到来を感じさせる時期。

日干「庚」
10月生まれの守護神

甲 壬

土の気が強くなる時期に生まれた庚(こうきん)にとっては、土の気を弱めて土に埋没することをふせいでくれる甲(こうぼく)が自分を守ってくれるものになります。

自分を守ってくれるもの

森林浴をする。芝生がある公園に行く。盆栽を楽しむ。観葉植物を身近に置く。酸味のある果物を食べる。青野菜を食べる。漢方薬を飲むなど。ラッキーカラーは、木をイメージさせる緑や青。

自分を強くしてくれるもの

庚(こうきん)に付いた土を洗い落としてくれる壬(じんすい)が自分を強くしてくれるものになります。

海や川、滝や噴水で水に親しむ。自宅まわりに打ち水をする。プールで泳ぐ。小豆や黒豆、ごぼうなど黒い野菜を食べる。魚肉を食べるなど。ラッキーカラーは黒、水をイメージさせる色。

11月生まれの守護神

11月は初冬。冬の始まりです。
野山には雪がふりはじめ、
大地には霜が降りる寒さ。

日干「庚」
11月生まれの守護神

丙 丁 甲

寒さが厳しくなる時期に生まれた庚(こうきん)にとっては、太陽の温もりである丙(へいか)と、庚を鍛えて強くしてくれる丁(ていか)が自分を守ってくれるものになります。

自分を守ってくれるもの

丙 丁

日光浴をする。温泉につかって身体を温める。お灸をする。キャンドルやあかりを灯す。身体を温める料理や飲み物をとる。にんじん、トマト、赤かぶなど、赤い野菜を食べる。鶏肉を食べるなど。ラッキーカラーは、灯りや太陽をイメージさせる赤やオレンジ色。

自分を強くしてくれるもの

丁(ていか)の燃料となり、土に埋没することをふせいでくれる甲(こうぼく)が自分を強くしてくれるものになります。

森林浴をする。芝生がある公園に行く。盆栽を楽しむ。観葉植物を身近に置く。酸味のある果物を食べる。青野菜を食べる。漢方薬を飲むなど。ラッキーカラーは、木をイメージさせる緑や青。

Posted by ねうしまり