車騎星との付き合い方

車騎星とは金性の陽です。

本能は攻撃本能です。

では何に対して攻撃するか、ということですが、それは自分のためではなく、自分が守りたいもの、守らなくてはいけないと思っているもののために攻撃します。

金属というのはもともと土の中にあるので、土の中から発掘されなくては日の目を見ないものです。

掘り出されてもそのままでは使えないので、高熱で溶かされて、精錬され、叩かれて形を作られて、初めて使える物になります。

そういう性質をもっているので、それは変化させる本能になり、現状を変えるエネルギーになるのです。

出る釘は打たれる、という言葉がありますが、出る釘になりたい人であり、打たれても平気な人です。

打たれることで、出て良かったとまで思うようなところがあるのです。

例えば、会社の中で不正を見つけてしまった時、上司に言って不正を正そうとします。

でも、その時の会社の対応次第では、世間に公表するところまで一気に行動をエスカレートさせるところがあります。

自分が給料をもらっている組織が社会的に抹殺されるような事態になってでも不正を正したい!と強く思って行動するようなところがあるのです。

そんな行動を止める為のブレーキが自分の中にあるか、止めてくてる人がそばにいるかどうかで、人生の波乱度が変わってきます。

理解者になろう

車騎星を持っている人を彼にもったら、暴走する行動を止める冷静さを是非彼に教えて上げてください。

不正を正す方法は、1つではない、色々な方法があるのだ、ということをぜひとも彼にわからせてあげてください。

単独で行動を起こすことが多いので、まずは同じように感じている仲間を見つけて、まずは話を聞いてもらって不満や怒りを沈めるようにすると良いと思います。

不満を感じているのは自分だけじゃない、他の人も我慢しているのだ、ということがわかると、ちょっと落ち着くと思います。

彼がイライラしているようだったら、暴走する前に話を聞いてあげてくださいね。

あなたは彼の理解者である、ということを彼にわからせてあげること、それが交際を長続きさせる秘訣です。

付き合いに不安を感じたら

付き合い始めて不安を感じた時、なぜ不安を感じるのかわからないことがあります。

付き合う相手が車騎星ではない場合でも不安を感じることがあります。

不安になる原因が相手にあるのか、自分にあるのか、それとも他に原因があるのか。

2人の関係性がわからなくなった時、占うことで状況が見えてくることがあります。

2人の状況が見えたあとに、次にどう進んでいったら良いのかがわかるのです。

色々なことを考えすぎて、何をどうしたら良いのかわからなくなった時、占いは役に立ちます。

自分の好み、自分が生きている運勢の流れ、色々なことがわからなくなった時、占うことで自分の生き方を見直すことができるのです。

自分の生き方を見直して、自信を取り戻すことで魅力的な自分になれるのです。

ねうし まり へのご相談はこちらから