恋愛運があるかをみる

2017年に結婚できるでしょうか?というご質問をいただきました。算命学の占いでは誕生日から導き出した「宿命」の中に恋人や夫になる「」が入っているかで恋愛運結婚運をみます。

では恋人や夫になる「干」が自分の宿命の中に入ってなかったら?という疑問がありますね。大丈夫です。宿命の中に「干」が無くても結婚している方、恋人に恵まれている方がいらっしゃいます。

不思議ですよね?

自分の宿命の中に無いものを手に入れているのはなぜでしょう?

そもそも、占いが当たらない?ということでしょうか?

違います。算命学は当たります。

結婚や恋愛は相手がいますよね。だから自分に結婚運や恋愛運が無くても、相手が持っていればいいのです。相手から望まれてつきあい始める、結婚する、という流れになります。

では、二人とも結婚運や恋愛運がない場合はどうなる?と思いますよね。

その場合は「運勢として回ってくる恋愛運や結婚運を使う」という手があります。

そうです。方法はいくらでもあるのです。

では、自分にはどういう恋愛が向いているのか気になりますね。その答えはやはり宿命の中にあります。

自分の宿命陽占の「恋人」の場所にある星があなたが好きになるタイプです。

そして「夫婦」の場所にある星があなたが結婚するタイプです。

自分の宿命を見るボタンは「算命学」のページにあります。誕生日を入力して宿命の陽占の星が何になっているかを見てください。

恋人や夫婦と書いてある場所にあった星の特徴を「十大主星」別に書いていきます。例えば恋人の場所に貫索星という星があったら貫索星の特徴を読んで、攻略法をつかんでください。

好きになるタイプの本質を知った上でアプローチすると、失敗が減ります。経験を積まなくても1回の告白で上手くいくかもしれません。何事も戦略が大事です。では、貫索星から。

貫索星

貫索星タイプの人は自分から人に対して心を開くことはありません。自分、という意識が強いので、自分と同じような考え方をしている人に対しては多少は打ち解けることができるのですが、自分とまったく違うタイプの人に対しては高い壁を作ります。

自分の心のなかにズケズケ入って来られるのも嫌だし、自分の考え方を否定されるとか、無理なことを強制されることや、自分が気に入って持っている物や友人関係なとを馬鹿にされることは我慢できません。

まあ、馬鹿にされて大丈夫な人はあまりいないと思いますが、貫索星タイプの人は他人からの否定が特に嫌いです。

だから、貫索星が恋人の場所に入っている人は「あっ!素敵」とか思える自分のタイプの人に対して、「あなたバカね」なんて、言っては駄目です。「バカね~」と可愛くいうのはOKですが、「馬鹿!」なんて言ってしまったら、1年間は返事してもらえないと思いましょう

それぐらい相手は手強いのです。繊細な感情から傷つくというデリケートさではなく、相手は自分を変えられないのです。だから、自分を否定されると、怒るよりも困ってしまうのです。

どうすれば良いのかわからずに混乱するから黙り込んでしまうのです。

だからと言ってすべて相手の言いなりになったほうが良いというわけではありません。相手を否定せず、自分の希望を控えめに伝えるようにすると、受け入れてもらいやすくなります。

貫索星タイプの人と上手く付き合うには時間がかかります。相手に自分を理解してもらう努力を続けながら、相手の良いところを気長に褒めてあげると、いい関係を続けられます。

貫索星タイプを攻略する10個の方法

① 意見や主張が自分と違っても、受け入れる度量を見せる

② 一歩突っ込んだ付き合いにするためのアプローチは自分からしましょう。

③ 心配性の貫索星タイプからのアドバイスは素直に受け入れましょう。

④ 親分肌の貫索星タイプはとても頼りになる存在です。甘えてみましょう。

⑤ こだわりの強い貫索星タイプには下手に出るほうが受け入れてもらえます。

⑥ 協調性が少ない貫索星タイプとは理解を深めるために時間をかけましょう

⑦ 独自のルールで動く貫索星タイプにはペースを合わせると良いでしょう。

⑧ 自分のやり方にこだわる貫索星タイプには理解者である姿勢を見せましょう。

⑨ 人見知りする貫索星タイプには自分の考えを押し付けず提案すると良いでしょう。

⑩ 強靭な意思を持つ貫索星タイプには上手にその気にさせましょう。

こんな感じでお付き合いをしていくと仲良くなれます。貫索星タイプの人は一度信頼関係を築いた相手とは生涯付き合うので、時間をかけて関係を作り上げてください。