算命学でみる 恋人になる人はどんなタイプ?【牽牛星】

2018-11-25恋人になるタイプ, ブログ

目次

恋人の星が「牽牛」好きなタイプは「褒めてくれる人」

恋人のタイプ 占い方

恋人のタイプになる人=好きになるタイプです。

好きになるタイプを知るためにまず、あなたの宿命を出しましょう。

  • アプリを起動して誕生日を入力します。
  • 誕生を入力すると宿命が表示されるので、恋人の星が何かをみます。
  • アプリの使い方がわからない方はアプリの使い方の解説ページをみてくださいね。

他のタイプはこちらの一覧からどうぞ

貫索 石門 鳳閣 調舒 禄存

司禄 車騎 牽牛 龍高 玉堂

基本的な相性・最適な相性・恋愛の相性・結婚の相性はこちらからどうぞ

牽牛タイプの特徴

牽牛星タイプの特徴はプライドが高い人が多い、ということです。

偉そう、というのはちょっと違います。

自分のプライドが傷つくことを何よりも恐れるので、失敗しないように最新の注意を払いながら生活しています。

用心深いのです。

傷つきやすい心

牽牛星タイプの人は、自分より地位が下のものからでも、たとえ親や上司からであっても、間違いを指摘されるとザックリと胸に傷を受けます。

失敗とまでいかなくても予想どおりの結果を得られなかった場合、周りの人に責任を押し付けることもあります。

こ失敗を恐れる気持ちが強いのは、光輝くことで人を支配下に置きたい攻撃本能を持っているためです。

本能なので仕方ありません。

責任回避のような行動をとることもありますが、失敗したことで一番ダメージを受けるのは、自分自身です。

周りの期待に応えられない時に一番傷つくのが牽牛星タイプの人、ということになります。

気配り上手

ダメという評価を一番恐れますが、一番になりたいわけではありません。

牽牛星タイプの人は自分がリーダーになって人を引っ張っていくのではなく、リーダーのサポート役として実力を発揮します。

サポート役としての適性を持っているので、気を配ることが上手です。

波風が立たないように人間関係を調整する能力は抜群です。

与えられた役割や、職務をまっとうしようとする責任感があるのです。

褒められると冷静に喜びます

役割を達成できた時に満足しますが人から褒められることでもっと喜びます。

でも、嬉しくなってドンドンやってくれる、というところまではいかないのがご愛嬌です。

冷静な分析力を持ち、できて当然という気持ちもあるので喜んではしゃぐということも控えめなのです。

自分の日干でわかる、恋人との楽しい付き合い方

あなたの日干(にっかん)が何かをみることで、恋人との楽しい付き合い方がわかります。

アプリを起動して誕生日を入力、日干の場所の「干」が何になっているのかみてください

日干が甲の人

恋人に出会えるチャンス

上品な人が集まるところで出会いのチャンスがあります。立ち居振る舞い、マナーを身に着けておくと良いでしょう。

楽しく付き合うためのポイント

日干が甲の人は、牽牛タイプとは優雅なお付き合いになります。お互いみっともない姿を人に見せることが嫌なので、ケンカになりそうになったら、引くようなところがあります。

もう少し意見を言いたくなったり、話をしてもらいたくなったり、物足りなく感じる部分があると思いますが、無理に話し合いの場を持つのはやめましょう。

尊重しあう関係になれると、仲良くできます。

日干が乙の人

恋人に出会えるチャンス

仕事関係で出会いのチャンスがあります。テキパキと仕事をこなしているような人です。

楽しく付き合うためのポイント

日干が乙の人は、牽牛タイプとは忙しいなか、時間を作ってデートを楽しむような付き合い方になります。

お互いが仕事に力を注いでいるので、デートに時間をさく余裕は少ないでしょう。

1日のんびりと2人で過ごすのではなく、仕事帰りに待ち合わせてデートを楽しむような関係です。

仕事と、私、どちらが大切なの!というようなセリフは言わないようにしたほうがいいでしょう。

日干が丙の人

恋人に出会えるチャンス

作品を発表する場で出会いのチャンスがあります。自分と同じような雰囲気をまとっている人です。

楽しく付き合うためのポイント

日干が丙の人は、牽牛タイプとはものづくりを一緒に楽しめるような付き合い方になります。

何を作り出すのかは、人によって違いますが、音楽であったり、工芸品であったり、自分が作り出すものを世の中にだすような活動を一緒にすることで絆を深めることができます。

お互い、違うものを作りたい場合、相手の作品を尊重できることが仲良く付き合うための秘訣です。

日干が丁の人

恋人に出会えるチャンス

宗教関係や儀式を行っているような場で出会いのチャンスがあります。礼儀正しく、礼節を重んじて自重できる人です。

楽しく付き合うためのポイント

日干が丁の人は、牽牛タイプとは静かな付き合い方になります。

日常生活の中にしきたりのようなものを取り入れて暮らすことで落ち着くタイプなので、相手のしきたりを納得できるなら仲良く付き合うことができます。

お互い、譲れない部分があるなら、尊重できるかどうかがポイントになります。

日干が戊の人

恋人に出会えるチャンス

異性がたくさんいる場で出会いのチャンスがあります。異性のなかでも気後れしないで自分を出すことができるような人です。

楽しく付き合うためのポイント

日干が戊の人は、牽牛タイプとは落ち着かない付き合い方になります。

仕事の内容や日常の生活に変化が多く、ついていけないと感じるかもしれません。

長く時間をかけて付き合うことでお互いの良さがわかるような関係です。

始めから多くを求めないほうが仲良くできます。

日干が己の人

恋人に出会えるチャンス

趣味のお稽古ごとのような場所で出会いのチャンスがあります。華道、茶道などをたしなむような人です。

楽しく付き合うためのポイント

日干が己の人は、牽牛タイプとはキッチリと恋愛の路線に乗ったような付き合い方になります。

気位が高いところがあるので、気さくに付き合うような関係にはなりません。

嘘やごまかしを嫌うので、正直に話をするようにすることが大切です。


日干が康の人

恋人に出会えるチャンス

自己啓発活動のイベント会場で出会いのチャンスがあります。マイクを持ってライトを浴びて話しているような人です。

楽しく付き合うためのポイント

日干が康の人は、牽牛タイプとは華やかな付き合いになります。

自分をアピールするのが上手です。

人を言いくるめるのも上手なので、つい信用してお金を巻き上げられないように注意しましょう。

楽しく付き合うためにはお金の貸し借りをしないことが大切です。

日干が辛の人

恋人に出会えるチャンス

高額な会員費が必要なクラブなどで出会いのチャンスがあります。身なりや持ち物にお金をかけているような人です。

楽しく付き合うためのポイン

日干が辛の人は、牽牛タイプとはちょっと見栄をはるような付き合い方になります。

着飾って2人でパーティーに出かけるような付き合い方です。

言葉で相手を傷つけるようなところがあるので、言葉を選ぶようにしたほうが仲良く付き合えます。

日干が壬の人

恋人に出会えるチャンス

ギャンブルの場で出会いのチャンスがあります。目がギラギラしている人です。

楽しく付き合うためのポイント

日干が壬の人は、牽牛タイプとは庶民的な付き合いになります。

競争心が強く、勝ち負けにこだわるのでギャンブルにのめり込まないように注意しましょう。

強い競争意識を仕事や趣味に活かすことができると生活が安定するので、仲良く付き合えます。

日干が癸の人

恋人に出会えるチャンス

政治家の選挙事務所のような場所で出会いのチャンスがあります。地位を高めていくことに生きがいを感じているような人です。

楽しく付き合うためのポイント

日干が癸の人は、牽牛タイプとは教祖と信者のような関係でお付き合いをするようになります。

相手を一方的に崇拝するような関係です。

尊敬できる相手なら上手く付き合うことができるでしょう。

まとめ

牽牛タイプの人は、自分のことを褒めてくれる人が好きです。

自分の能力を人から認めてもらいたい、という気持ちを強く持っています。

否定されることが我慢できずにイライラして不機嫌な態度を見せるようなところもありますが、自分の恋人はとても大切にします。

紳士的な態度を保ち、丁寧にエスコートもします。

こんな牽牛タイプと付き合って不安を感じた時、なぜ不安を感じるのかわからないことがあります。

付き合う相手が牽牛タイプではない場合でも不安を感じることがあります。

不安になる原因が相手にあるのか、自分にあるのか、それとも他に原因があるのか。

2人の関係性がわからなくなった時、占うことで状況が見えてくることがあります。

2人の状況が見えたあとに、次にどう進んでいったら良いのかがわかるのです。

恋人に巡り合うチャンスに恵まれなくて不安を感じることもあるでしょう。

1人で過ごすことに不安を感じる。

誰とも仲良く出来ないないのは自分に原因があるのかと、自分を責めたくなることもあると思います。

色々なことを考えすぎて、何をどうしたら良いのかわからなくなった時、占いは役に立ちます。

自分の好み、自分が生きている運勢の流れ、色々なことがわからなくなった時、占うことで自分の生き方を見直すことができるのです。

自分の生き方を見直して、自信を取り戻すことで魅力的な自分になれるのです。

ねうし まり へのご相談はこちらから

Posted by ねうしまり