Pocket

調舒星と貫索星の相性

貫索星の安定感

調舒星の気持ちはささいなことで揺れます。

気持ちが揺れたことを人に知られることを恥ずかしいと考えるので、表には出さないですが心はグラグラ揺れています。

反対に、貫索星は何があっても動揺しません。

他人から見れば、

「少しは動揺しろよ!」

というような場面でも自分の気持ちを保っています。

鈍感と言えるかもしれませんが、抜群の安定感です。

そんな安定感に調舒星はひかれます。

一緒に居て安心できる相手なのです。

新鮮な感性

貫索星から見ると、調舒星はものごとに対して新しい見方を教えてくれる特別な存在です。

新しい見方を教えてくれる貴重な関係ですが、貫索星は自分の気持ちの中に踏み込まれるのは嫌です。

気持ちを無視されるようなことには耐えられません。

否定や批判はNGです。

調舒星の愚痴も、多すぎると受けてはもらえないでしょう。

貫索星が心を閉じてしまわないように、聞いてもらいたい愚痴や不平不満は小出しにしましょう。

調舒星の愚痴で貫索星を追い詰めないことです。

お願い事は遠回りな言い方ではなく、ストレートにお願いしてみると上手くいく関係です。

 

調舒星と石門星の相性

合わせてくれる石門星

調舒星は基本的に人付き合いは上手ではありません。

調舒星はたくさんの人の中にいるとストレスを感じます。

自分がどう見られているか気になってしまうのです。

アンテナを張り巡らせて、周囲の人の反応を気にしているのです。

まあ、疲れますね。

そんな調舒星とは反対に、石門星性は大勢の人とにぎやかに過ごしている時の方が自分らしさを出せるとかんじています。

人付き合いに対する考え方は正反対です。

調舒星は人間関係をそつなくこなす石門星のことは、うらやましくもあり、わずらわしくもある存在です。

1人になりたい時に遠慮なく話しかけてくる石門星とは距離を取りたくなるでしょう。

でも、仲良くなった後の石門星は感情の起伏に合わせて行動する調舒星に上手に調子を合わせてくれます。

調舒星が不機嫌になって、根気よくなだめてくれるので、付き合ってみるのもいいでしょう。

集団で輝く石門星

調舒星には1人でいる時間が必要です。

傷ついて動揺している気持ちを落ちるかせることが必要だからです。

でも、石門星は大勢の人の中で力を発揮するタイプです。

身内や恋人より同僚、チームメイトなどの集団の利益を優先させます。

仕事での付き合いや、サークル活動の行事を優先させる石門星をみて、調舒星は置いていかれたように感じるでしょう。

自分は石門星にとって価値がないのか、大切にされないのは他に好きな人がいるからでは?と調舒星は考えてしまいます。

そして、石門星に冷たい態度をとったり、行動を批判したり、無視したりします。

本当は自分のことをかまってほしいのですが、そのことを面と向かって言えないので、ひねくれた言動を取ってしまうのです。

石門星が仲間を大切にするのは本能なので、そんなに気にすることはありません。

石門星の行動を理解してつきあうと、仲の良い関係を続けることができます。

 

調舒星と鳳閣星の相性

気を許せる相手

調舒星には気の休まる時がありません。

いつも何かが気になり、精神はつねに不安定です。

イライラが募って来ると我慢できなくなって周囲の人に八つ当たりするようなことをします。

そんな調舒星の言動をサラッと受け流してくれるのが鳳閣星です。

鳳閣星は

「まあ、いいじゃない」

「気にしすぎだよ」

とか言いながら調舒星をなだめてくれます。

調舒星の不安定な気持ちまで、鳳閣星は自然に受け止めてくれるのです。

刺激が必要な鳳閣星

鳳閣星の人生のテーマは

「楽しむこと」

です。

楽しくないことを続けることはできません。

恋愛をつまらないと感じてしまうと続けることはできません。

1人でゲームをする方が楽しいなら、1人でゲームを楽しみます。

恋愛関係でも完璧を求める調舒星は、そんな鳳閣星を「いい加減」だと
感じ、

「真剣に恋愛する気があるのか!」

と、怒ってしまいます。

 

鳳閣星には

「予定通りに行動する」

という気持ちはありません。

楽しい方へ、面白い方へ、刺激的な方へ自然に流れていくのです。

多少の脱線は大目に見てあげましょう。

その方が上手くいきます。

 

スポンサーリンク

 

調舒星と調舒星の相性

お互いがデリケート

お互いが気難しくてデリケートな性格なので、なかなか心を開いて付き合う関係にはなれません。

仲良くなるには何かのキッカケが必要です。

例えば、相手の悩みを知った時に自分と同じ悩みを抱えていることに気付く、というようなことです。

同じような悩みを抱えるということは

「自分と同類」ということです。

でも、お互い自分を守る気持ちが強いので、相手に弱みを見せるようなことはしません。

仲良くなりたいと思うなら、あなたの方から素直にアプローチしましょう。

一度気持ちが通じ合えたら、あとは遠慮はいりません。

世の中や周辺の人間に対しての不平不満をぶちまけて共感してもらえる貴重な相手になるのです。

嫌なところも同じ

お互い似た者同士なので、相手の中に自分の中の嫌な部分を見ることがあります。

目をそらしたくなりますが、気になって見てしまいます。

何か問題が起きたときにはお互いが相手のせいだと思います。

自分が悪いとは思いません。

ここで、相手を責めてしまうか、我慢するかで2人の関係が変わります。

調舒星は自分を否定されたり、非難されたりした

「言葉」

を忘れないので、仲直りしたあとでも覚えています。

口に出して言わないですが、しっかりと覚えています。

そんな「言葉」が積もり積もって別れにならないよう、相手を責めるような

「言葉」

は言わないほうが関係は長続きします。

 

調舒星と禄存星の相性

リラックスできる相手

調舒星は常にストレスを抱えています。

他人から見るとちょっとしたことでも、調舒星の完璧主義が許せないからイライラするのです。

日常的にストレスを感じている調舒星にとって、禄存星は気を使わないで一緒にすごすことができる相手です。

なぜなら、禄存星の方が調舒星に対して気を使ってくれるからです。

禄存星は、困っている人や悩みを抱えている人の手助けをすることを自然にできます。

「ああ、ここが気になっているのかな」

というように、他人の問題の原因を本人以上に理解することができるのです。

禄存星は調舒星が抱えているストレスを理解してストレス発散に協力してくれるでしょう。

そんなことがキッカケで付き合いが始まります。

 

依存されるのは嫌

恋人の関係になると、調舒星は精神的な部分や日常生活の色々な出来事の解決を禄存星に頼るようになります。

手助けが必要でないことまで禄存星に頼るのです。

そうなると、禄存星は調舒星のことを負担に感じるようになります。

禄存星はあくまで、問題を解決するための手助けをすることが好きなので、問題でもないことまで力を貸してくれと言うような相手にはうんざりするのです。

調舒星からすれば、今まで親身になってくれていたのに、急に態度が冷たくなったように感じてショックを受けますが、この段階なら仲直りできます。

禄存星に依存するのをやめ、自分がすべきことを自分で解決する姿勢を見せることで、禄存星は戻ってきます。

「自分で解決できることは自分でやる」

それが仲良く付き合っていくコツです。

調舒星と司禄星の相性

相性は良好

司録星は控えめで、いつも平静です。

自分の感情を表に出すことはあまりありません。

何考えているかわからない、と人から言われるぐらいです。

司禄星が自分の感情を表に出さないのは出す必要を感じていないからなのですが、調舒星が気持ちをストレートに出さないのは、出せないからです。

その時の精神状態で発言が変わってしまうこともあり、用心して本音を言わないのです。

そんな2人なのでお互いを知るまでには時間がかかります。

司禄星は地味で面白みが無いように感じられますが、精神的な安定感は抜群です。

安定した気持ちで調舒星を支えてくれるようになります。

我慢の限度

司禄星の精神は安定しています。

自分がしなくてはならないことを理解してコツコツと実行する根気があるので、少々のことでは気持ちは揺れません。

調舒星がストレスをためて不平不満をグチグチ言ってきたとしても司禄星は、ストレス発散をしているのだと思って受け流してくれます。

それを良いことにいつもいつも不平をこぼしてばかりで、司禄星に対して八つ当たりを繰り返すようになると、さすがの司禄星もキレます。

司禄星のキレ方は突然です。

ちゃぶ台返しのようにすべてをひっくり返します。

自分の人生に「調舒星の存在は必要ない」と判断をした司禄星の気持ちを取り戻すことは難しいでしょう。

そうならないように、八つ当たりはひかえめにしましょう。

スポンサーリンク

調舒星と車騎星の相性

壁を見たら壊す車騎星

自分の行く先に壁があった時、車騎星はどうやって壊そうかと考えます。

自分の行く先に壁があるのを見た時、調舒星は自分の不運を嘆きます。

感じ方や考え方がまったく違います。

出会った当初、感じ方や考え方の違いを新鮮に思えます。

でも、付き合いが長くなるにつれて、感じ方や考え方の違いはイライラの原因になります。

細かいことを気にせずに行動する車騎星のやり方が、細かいことが気になって仕方ない調舒星からすると我慢できないし、先に進みたいという気持ちが強い車騎星は、自分が納得するまで動こうとしない調舒星のことをめんどくさい奴だ思います。

お互いが譲り合う気持ちを持たないと、大喧嘩になる関係です。

 

白黒つけたい車騎星

車騎星はものごとに対して白黒ハッキリつけたいタイプです。

付き合うなら付き合う。

付き合わないなら付き合わない。

別れるなら別れる。

いつまでもダラダラくっついたり離れたり、という中途半端な関係でいることを好みません。

車騎星との関係を長く続けたいなら、ストレートに話すことを心がけましょう。

謝るべきところは潔くあやまり、許してもらいましょう。

非を認めて謝っている姿を見た車騎星はあっさり許してくれます。

ただし、言い訳や、人のせいにするような事を口にすると、許してくれないので注意が必要です。

 

 

調舒星と牽牛星の相性

牽牛星はプライド命

牽牛星は自分にとってプラスになる相手とだけ付き合います。

調舒星は傷つきやすい自分の心を守るために相手を厳選します。

そんな2人なので、どちらかがアクションを起こさないかぎり、いつまでも接点は生れません。

付き合いだしても本音を出さず、なかなか正体を見せない牽牛星に調舒星は不安を感じます。

心から話し合える関係にはなりにくい相手なのです。

上昇思考が強い牽牛星がもとめる恋人像から離れるほど、牽牛星は冷たい態度をとるようになります。

デートの途中で、牽牛星の前で取り乱したり、人前で泣き言を言ったりしたら、見捨てられる可能性があります。

牽牛星に置いて行かれるかもしれないので、気をつけましょう。

メリットが大切

牽牛星は自分にとってメリットが無い相手を簡単に捨てることができます。

長い間付き合って尽くしていたとしても、牽牛星の期待に応えられないなら、さよならが待っています。

牽牛星が求めるものは、相手の年収や、ルックス、社会的な評価です。

付き合っているうちに年収が下がったり、無職になったりすると、別れになる可能性は大です。

牽牛星と付き合うには、それなりの覚悟が必要なのです。

 

調舒星と龍高星の相性

強まるストレス

調舒星は完璧主義者です。

恋人にも、自分の仕事に対しても完璧を求めるので慎重にものごとを進めます。

失敗したくないから幾つもの選択肢の中から、最適なもの選び出して最善を尽くそうとします。

それに対して龍高星は、物事を進める時に失敗を恐れません。

失敗から学ぶことがあり、失敗をバネにして龍高星は前に進もうとするのです。

調舒星からは、失敗することがわかっているようなことにあえて飛び込む龍高星は愚か者に見えます。

龍高星が持っている飛び抜けた行動力と斬新な発想力は、調舒星には理解できず、一緒に行動すると相当なストレスを感じます。

予測できない龍高星の動きに振り回されて調舒星の心はクタクタになってしまうのです。

コミュニケーション

龍高星は興味が向いたことに対してのめり込むような集中力を見せますが、興味のないことは頭の中に入ってきません。

ですから、調舒星が面白がってやっていることでも興味が向かなかったら無視するような態度になります。

「野球観戦が好きなの?友達と行ってきたら?」

というようなことを平気で言います。

悪気なく、悪意なく、素直に思うから龍高星はそう言います。

調舒星からしたら「ちょっと冷たい」と感じます。

2人の間にある深い溝は、LINE、メール、電話、メモ、など駆使して、コミュニケーションを取って埋めましょう。

 

調舒星と玉堂星の相性

玉堂星の距離感

玉堂星は人と距離を取ります。

特に理由はなくても人は人、自分は自分と思っています。

人をうらやましいと思うこともありません。

調舒星は自分の内面を見せることができる相手には見せたいと思っています。

自分のことをわかってくれる人が必要なのです。

自分のことをわかってくれなくても別にいい、と思っている玉堂星と、自分のことをわかって欲しいけどそれを悟られるのは嫌、と思う調舒星との相性は、いつまでも交わることのないレールのようです。

付き合いが長くなると調舒星は、玉堂星の態度がいつまでもよそよそしいと感じます。

でも、そのよそよそしさは玉堂星にとっては自然なのです。

人との付き合いに礼儀とマナーを大切にする玉堂星は、馴れ馴れしく付き合うのは嫌で、何年たってもていねい語で話をするような関係を好みます。

玉堂星にとっては、ていねい語で話をする方が話をしやすいのです。

寂しく感じるかもしれませんが、慣れるより仕方がないですね。

お互い毒舌

調舒星は自分の感情を吐き出す時、けっこう毒舌になります。

普通なら言いにくいことでも平気で言います。

口が悪い毒舌タイプですね。

一方の玉堂星は理性と知性を使って毒舌を吐きます。

良くなって欲しいから相手の欠点を指摘するのです。

相手が聞きたくないことを言う、という点では共通していますが、毒舌を吐く動機が違うので、ケンカになった時、理詰めで攻撃されて調舒星の自尊心がズタズタにされてダメージを受ける場合があります。

お互い、感情的になることをひかえることが大切な関係です。

スポンサーリンク

Pocket