陽占の東が【玉堂】の人が好きになるタイプ。好きになる人と出会える場所。恋人と仲良く付き合うためのポイント

陽占の東が玉堂に
なっている人の恋人のタイプ

恋人のタイプ=好きになるタイプです。

ここの星が「玉堂ぎょくどう」になっている人が好きになるタイプを、説明していきます。

玉堂タイプの特徴

玉堂タイプの人は勉強したい気持ちを持っています。

勉強したい内容は、古典的なものや伝統的なもの、時代を経ることで効果や働き、意味などが洗練されているものです。

昔から受け継がれて、高い評価を得ているものを好みます。

格式や、様式など、美しいものを勉強して自分に取り入れたいと考えます。

評価が高いものに対して尊敬し、あこがれの気持ちを持っているのです。

流行には興味がない

評価が決まっているものへのあこがれがあるので、流行や時代の流れを追うことには興味がわきません。

皆が認めていることを長い時間をかけて習得し、理解を深めて成長していくことに、興味がわくのです。

人と争わないために言うことを聞く

玉堂タイプの人は基本的には人と距離を取りたい人なのですが、その思いを出すことが少ないので、勘違いされることがあります。

一緒に外出しようと誘ったら、黙ってついてくるので喜んでいるのかな、と思っていたら、ボーっと自分の世界に浸っている、というときがあります。

礼儀を大事にし、人と争うことが嫌なので(めんどくさいから)とりあえず相手の言うことを聞き入れるようなところがあるのです。

身内を大切にする

玉堂タイプの人は、知人、友人までの関係の人には、プライバシーにふみ込むのは失礼だと思って一定の距離をとって付き合います。

でも、家族や身内など、自分のテリトリーに入る人には、母鳥がヒナを育てるように愛情深く接します。

見返りを求めない深い愛情と、奉仕の精神をもっているので、相手の気持ちや希望、相手にとって必要なこと、不必要なこと、すべきこと、してはいけないことを、自然に理解することができます。

赤ちゃんが何を求めて泣いているのか、常に世話をしている人が理解できるように、玉堂タイプは自分のエリア内の人を理解できるので、身内を大切にするのです。

気を許せる相手には毒舌を吐く

玉堂タイプの人は、自分の身近にいる人には惜しみなく世話をします。

世話をしながら相手を理解していくので、相手にたいして言葉を直球で投げることがあります。

「良かれと思って」

言葉にするので、相手のためにという思いが強ければ強いほど破壊力のある言葉を吐きます。

毒のある言葉に対する耐性を作る、これが玉堂タイプとの関係を長続きさせるポイントです。

自分の日干でわかる、
恋人との楽しい付き合い方

あなたの日干にっかんを知ることで、運命の人かも知れない、恋人と出会える場所や、恋人と仲良く付き合うためのポイントがわかります。

入力フォームに誕生日を入力、
日干の場所の「干」が何かを見る

入力フォーム

日干が甲の人

恋人に出会える場所

日干が「甲」で、陽占の東が「玉堂」の人が、恋人に出会える場所は「知的好奇心を持っている人が集まる場所」です。

教育系YouTuberや歴史ブログの管理人が主催する集まりや、ミステリー小説の書き方講座など、知的好奇心を持っている人が集まる場所で、出会いのチャンスがあります。

話し方が論理的でわかりやすく、知性を感じさせるような人が、あなたにとっての「恋人のタイプ」です。

恋人と仲良く付き合うためのポイント

日干が「甲」で、陽占の東が「玉堂」の人は、クールな性格にみえますが、内面には深い愛情を持っています。

思いやりを持って周囲の人と合わせることができますが、毒舌を吐くこともあります。

愛情深い人なの?毒舌を吐く冷たい人なの?どちらが本心?と、人から思われることがあります。

答えは、どちらも持っている人、ということになります。

深い愛情を持っているのですが、冷静な判断力を持っているので、客観的な視点から出る言葉が、人によっては冷たく感じられるのです。

自分の言葉の意味を、細かく説明するようなことはしないので、人から誤解されやすいところはあるでしょう。

誤解されたとしても、誤解をとくようなことはあえてしないので、人との間にはどうしても距離ができます。

秘密主義というより、性格や考え方が「水」のように日々微妙に変わるので、どうしても人とは距離をとった付き合い方になるのです。

恋人の関係であってもです。

なので、

恋人と仲良く付き合うためには、【「あなたのことすべてを知りたい」というようなことを言わない、言わせない付き合い方をする】ということがポイントになります。

一定の距離感を楽しめる関係になれると、恋人と仲良く付き合えるようになります。

日干が乙の人

好きになるタイプの人に出会える場所

日干が「乙」で、陽占の東が「玉堂」の人が、恋人に出会える場所は「現在の科学では解明できない謎を解き明かしたい人が集まる場所」です。

オカルトサークル、心霊研究会、考古学研究サークルなど、現在の科学では解明できない謎を解き明かしたい人が集まる場所で、出会いのチャンスがあります。

謎を求めて世界中から情報を集めているような人が、あなたにとっての「恋人のタイプ」です。

恋人と仲良く付き合うためのポイント

日干が「乙」で、陽占の東が「玉堂」の人は、お出かけしたり、旅行に行ったり、移動することが好きです。部屋の模様替えをしたり、髪型を変えたり、変化することも楽しみます。

旅先など、環境が変わっても、すぐに新しい環境になじむことができる人で、やりたくなったらやってしまう、やりたいことをやれる人でもあります。

流れる水のような、自由な生き方を好むので、束縛されるのも、束縛するのも苦手です。

人からコントロールされるのが嫌なので、恋人からであっても、行動を制限されるようなことは言われたくない、と思っています。

頭の中で考えることも、先へ先へと進んでいくので、過去のことを細かくチェックされることも嫌いです。

そんな、自由に生きたい人が恋人と仲良く付き合うためには、【二人の間に距離があっても平気になる】ことがポイントになります。

恋人とはいつも一緒でいることが普通、という考え方は無視しましょう。

一緒にいないときに、恋人が何をしているかお互い知らない、という関係になれると、恋人と仲良く付き合い続けられます。

日干が丙の人

好きになるタイプの人に出会える場所

日干が「丙」で、陽占の東が「玉堂」の人が、恋人に出会える場所は「技術を習得できる場所」です。

レザークラフト教室や、ガラス工房での体験など、センスを活かせる作品作りの技術を習得したい人が集まる場所で、出会いのチャンスがあります。

明るい性格で、作品についての話を、ゆかいに話せるような人が、あなたにとっての「恋人のタイプ」です。

恋人と仲良く付き合うためのポイント

日干が「丙」で、陽占の東が「玉堂」の人は、美的センスを持っています。

その美的センスをおしゃれで発揮する人、絵で発揮する人、アート作品や文章で発揮する人など、いろいろな人がいます。

自分のセンスを、人からほめてもらうことに喜びを感じます。

もし、自分と恋人が同じようなものでセンスを発揮して、自分よりも恋人のほうが、人から褒められることが多かった時、嫉妬を感じるかも知れません。

嫉妬を感じ、いつのまにか張り合う気持ちが生まれて、足の引っ張り合いをしてしまい、気持ちが離れてしまうかも知れません。

嫉妬を感じることなく、気持ちが離れないまま、恋人と仲良く付き合うためには、【同じ世界で活動しない】ことがポイントになります。

特に、同じ世界で独自のセンスを生かした作品を作る仕事はしないことです。

どちらか一方がセンスを生かした創作活動をして、もう一方は創作活動のサポートをする、という関係になれると、仲良く付き合い続けられます。

自分と恋人と二人で創作活動をしたいなら、励ましあえる関係を目指すと、恋人と仲良く付き合い続けられます。

日干が丁の人

好きになるタイプの人に出会える場所

日干が「丁」で、陽占の東が「玉堂」の人が、恋人に出会える場所は「生活を豊かにしたい人が集まる場所」です。

暮らしを楽しくする体験講座や料理教室。部屋の中をリフォームする方法を体験できるDIY教室など、生活を豊かにしたい人が集まる場所で、出会いのチャンスがあります。

美味しいコーヒーを入れるために、コーヒー豆を自分で焙煎ばいせんするような人が、あなたにとっての「恋人のタイプ」です。

恋人と仲良く付き合うためのポイント

日干が「丁」で、陽占の東が「玉堂」の人は、安定した大地にしっかりと根をはって、大きく育つ樹のように、まっすぐに伸びていきたい人です。

まっすぐに伸びるためには、大地が安定していなくてはいけません。

なので、安定をもとめます。

経験したことが無いコト、見通しが立たないコト、危険なコトなど、不安を感じることは避けます。

自分の生活の安定を守りながら、最大に成長したいと考え、努力を続けます。

成長を目指す向上心は、恋人に対しても向けられます。

恋人と一緒に努力して、恋人と一緒に上を目指していきたい、という思いです。

恋人と仲良く付き合うためには、この【思いをわかちあう】ことがポイントになります。

同じものを目指し、同じ思いを持ちながら、同じ方向に進んで行く。

そんな関係になれると、恋人と仲良く付き合い続けられます。

日干が戊の人

好きになるタイプの人に出会える場所

日干が「戊」で、陽占の東が「玉堂」の人が、恋人に出会える場所は「芸術にふれたい人が集まる場所」です。

アートワークショップや、アートペイント教室など、芸術にふれたい人が集まる場所で、出会いのチャンスがあります。

作品作りの過程を、ブログやYouTube、SNSで発信しているような人が、あなたにとっての「恋人のタイプ」です。

恋人と仲良く付き合うためのポイント

日干が「戊」で、陽占の東が「玉堂」の人は、根はあたたかい性格なのですが、明るい性格と暗い性格をあわせ持っています。

明るい性格のときには、ワクワクした楽しみを作り出したり、人の心を癒し、楽しませるエンターテインメント活動をしますが、自分が予想したほどの評価を受けられなかったとき、暗い性格が顔を出します。

予想したほど褒めてくれなかった人を恨んだり、うまくできなかった自分を責めたり、環境が悪いと思って活動をやめてしまったり。

人の評価を気にしすぎてしまうあなたを、理解して受け入れてくれる恋人と仲良く付き合うためには、【自分の気持ちを素直に打ち明ける】ことがポイントになります。

嬉しいときには一緒に喜び、悲しいときには一緒に悲しんでくれる。

そんな関係を目指すと、仲良く付き合い続けられます。

イライラして恋人を傷つけないように、自分も傷つきすぎないようにするために、恋人とは時間をかけて話し合うことが大切です。

自分の気持ちを素直に言える関係になれると、恋人と仲良く付き合い続けられます。

日干が己の人

好きになるタイプの人に出会える場所

日干が「己」で、陽占の東が「玉堂」の人が、恋人に出会える場所は「時代の先端を知りたい人が集まる場所」です。

最先端アートのイベント会場や、最新の食を紹介するフードフェスなど、時代の先端を知りたい人が集まる場所で、出会いのチャンスがあります。

質問に対して、わかりやすく回答する、頭の回転が速い人が、あなたにとっての「恋人のタイプ」です。

恋人と仲良く付き合うためのポイント

日干が「己」で、陽占の東が「玉堂」の人は、太陽のように明るく、暖かい性格で、どんな人にも自然に接することができる人です。

ただ、雲がかかると日の光が暗くなるように、元気がなくなる時があり、【返事をするのも嫌】という態度を、恋人にとってしまうことがあります。

気持ちに、浮き沈みがあるのが弱点なので、恋人と仲良く付き合うためには、【気持ちが変わっても時間がたてば元に戻ることを、知ってもらっておく】ことがポイントになります。

「気持ちが沈んでいる時には、そっとしておいて」と、

前もって恋人に言っておくと良いでしょう。

しばらく休憩すると、場合によっては何日かすると、雲間から太陽が顔を出すように、元気になります。

同じように、恋人の態度がいつもと違うと感じることがあっても、しばらく様子をみてあげるようにすると、恋人と仲良く付き合い続けられます。

日干が庚の人

好きになるタイプの人に出会える場所

日干が「庚」で、陽占の東が「玉堂」の人が、恋人に出会える場所は「有益な学びを求める人が集まる場所」です。

文化センターの占い講座や、趣味と実益も兼ねた資格講座など、有益な学びを求める人が集まる場所で、出会いのチャンスがあります。

親しみやすい笑顔で、わかりやすく話をする人が、あなたにとっての「恋人のタイプ」です。

恋人と仲良く付き合うためのポイント

日干が「庚」で、陽占の東が「玉堂」の人は、庶民的なタイプで、仕事や家庭、友人や地域の付き合いを大切にします。

親しみやすい性格で、皆といっしょに助け合いながら、暮らしを守っていきます。

一人で生きるより、皆と一緒に生きていく方が開運しやすいので、恋人も家族の一員として付き合える関係になるのが理想的です。

家族の誕生日会や、季節にイベントに参加して、家族と仲良く付き合っていける関係になれると、恋人と仲良く付き合い続けられます。

家族がいない人は、地域活動を一緒にするのでも大丈夫です。

家族がいなくて、地域活動にも参加していない人は、自分が中心になって仲間を作り、その仲間と一緒に活動していくことが開運につながります。

恋人と仲良く付き合うためには、【人との付き合いを大切にする】ことがポイントになります。

人との付き合いを続けることが開運につながり、恋人とも仲良く付き合い続けられます。

日干が辛の人

好きになるタイプの人に出会える場所

日干が「辛」で、陽占の東が「玉堂」の人が、恋人に出会える場所は「自分で作る喜びを味わいたい人が集まる場所」です。

自分好みのクラフトビールや日本酒を醸造できる醸造所じょうぞうしょや、手仕事の手法で靴作りを学べる教室など、自分で作る喜びを味わいたい人が集まる場所で、出会いのチャンスがあります。

自分にとって最高のものを作るためにがんばれる人が、あなたにとっての「恋人のタイプ」です。

恋人と仲良く付き合うためのポイント

日干が「辛」で、陽占の東が「玉堂」の人は、社会の中で存在感を示したいと思っています。

自分の実力を、周囲の人や社会から認められて、評価されたいのです。

実力をつけるためには、もちろん努力しますし、一生懸命がんばります。

そんな、がんばり屋さんの、認めてもらいたい気持ちが恋人に向かうと、貢ぐ人になってしまいそうです。

自分のことを、恋人に認めてもらいたいとか、恋人の役に立ちたいとか、恋人のために~と考え始めたらそれは、危険信号がともった状態です。

恋人と仲良く付き合うためにはあくまで【対等】な関係を続けることです。

自分の負担だけが重いことを、わかっているのに気が付かないふりを続けるのは良くないことです。

恋人と仲良く付き合うためには、【負担は二人でわけあう】ことがポイントになります。

二人のあいだで、一方だけが重荷を背負うことがないように、上手にバランスをとると、恋人と仲良く付き合い続けられます。

日干が壬の人

好きになるタイプの人に出会える場所

日干が「壬」で、陽占の東が「玉堂」の人が、恋人に出会える場所は「マニアックな知識を持っている人が集まる場所」です。

飼うのが難しいペットを販売している店や、盆栽ぼんさい教室、帽子作りを体験できる教室など、マニアックな知識を持っている人が集まる場所で、出会いのチャンスがあります。

ペットの飼育方法について、語りだしたら止まらなくなるような人が、あなたにとっての「恋人のタイプ」です。

恋人と仲良く付き合うためのポイント

日干が「壬」で、陽占の東が「玉堂」の人は、弱い部分を持っているのですが、弱い部分を人に見せたくない、という思いが強いので、気持ちが疲れてしまうことがあります。

気持ちが疲れたときには、自分を大切にしてくれる人と一緒にいることで気持ちが持ち直します。

大切にされればされるほど、自分に価値があると思えて、気持ちが安定するのです。

感受性が豊かで、細部までこだわる完璧主義者のようなところがあり、繊細で傷つきやすく、汚れることを嫌います。

身の回りをキレイにして、好みの服を楽しむ。身体に良いものを取り入れ、体調をととのえるための運動を続けていく。

このような、自分を美しく保つための努力を続けることが開運につながります。

恋人になる人には、自分と同じように、自分の美を保つ努力を続けている人を選ぶと良いでしょう。

恋人と仲良く付き合うためには、【お互いを褒めあう】ことがポイントになります。

美や健康を保つ生活を続けていくために、お互いを褒めて、気持ちを安定させるようにすると、恋人と仲良く付き合い続けられます。

日干が癸の人

好きになるタイプの人に出会える場所

日干が「癸」で、陽占の東が「玉堂」の人が、恋人に出会える場所は「起業セミナー会場」です。

個人事業主向けの開業セミナーや、スポーツ鍼灸しんきゅうを体験できる学校など、身につけたスキルを使って仕事をしたい人が集まる場所で、出会いのチャンスがあります。

夢を追いかけるだけでなく、言葉と行動が一致する人が、あなたにとっての「恋人のタイプ」です。

恋人と仲良く付き合うためのポイント

日干が「癸」で、陽占の東が「玉堂」の人は、負けず嫌いの性格で、人よりも上になるために突き進むところがあります。

上を目指して突き進んで行っても、一人では乗り越えられない壁にあたるときがあります。

そんなとき、壁を乗り越える方法を、一緒になって考えてアドバイスしてくれる人の言葉を、素直に受け入れるようにすると社会的な評価が上がる運を持っています。

壁を乗り越えられないとき、耳が痛い言葉を言ってくれる人と出会えるか、耳が痛い言葉を素直に受け入れることができるかで、その後の人生が変わっていきます。

耳が痛い言葉を受け入れることが開運につながる、というのは恋人からの言葉にもあてはまります。

自分のことを思って言ってくれる恋人の言葉を、素直に聞けるかどうかです。

恋人と仲良く付き合うためには、【恋人が言ってくれる言葉を素直に受け入れる】ことがポイントになります。

より良く開運したいなら、耳が痛いことを言ってくれる人を恋人にすると良いでしょう。

そして、恋人が言ってくれる言葉を素直に受け入れることで心が成長し、社会に認められるようになって、末永く恋人と仲良く付き合えるようになります。

タイトルとURLをコピーしました