開運アドバイザー 吉田ルナ先生が主催されている「魔法学校ラブアンドライト」から声をかけていただき、イベントに出展したことを書いていきます。

開催日時:2018年7月29日(日)10:30~18:00

開催場所:天満橋OMMビル 2Fイベント会場

〒540-6591 大阪府大阪市中央区大手前1丁目7−31

入場料:大人1名さま・500円【お子さま無料】

ねうしまりの出展内容

算命占術

鑑定料金:1,000円

鑑定時間:10分

10分で鑑定できること(算命学)

  •     性格や持っている才能
  •     仕事運や適職
  •     恋人との相性
  •     結婚運や配偶者との相性
  •     出会いのチャンス
  •     現在の運勢
  •     人生の目標

などなど、いろいろなご質問に回答できますが、2つ以上のご質問に回答するのは、時間的に難しいと思います。

ご質問の数が多いと、ザックリした回答でしかお応えできないので、お聞きになりたい点を絞っていただけると、お役にたてるアドバイスができると思います。

手相鑑定

鑑定料金:500円

鑑定時間:10分

10分で鑑定できること(手相)

  •     金運を持っているか、どんな金運か
  •      恋愛対象になるタイプ
  •      適職、働き方や事業運
  •      現在のストレス状態
  •      霊感を持っているか
  •      守護神を持っているか
  •      希望が叶うか

手相の占いはいろいろたくさん聞いていただいて大丈夫です。

手相は、手に回答が書いてあり、それをお伝えするだけなので上記の内容全部+違うご質問にも回答させていただきます。

ユングタロット

鑑定料金:500円

鑑定時間:10分

10分で鑑定できること(ユングタロット)

  • 恋人の気持ち
  • 自分の気持ち
  • 自分がしたいことが合っているか
  • 今悩んでいることの意味
  • これからのこと

などなど、ユングタロットを使ってあなたの深層心理を探っていき、良い方向に向かうためのアドバイスをさせていただきます。

占いたい病と格闘した結果

イベント会場のテーブルの上に、こんなメニューを出しました。

メニューを見て立ち止まったお客さまのうち、9割の方が手相をみて欲しいとおっしゃいます。

「今まで手相を見てもらったことがないから」

とおっしゃる方がほとんどです。

「何が聞きたいですか?」

と聞いてから鑑定していくのですが、

「結婚運はありますか?何歳で結婚できますか?」

と質問されたときに、

「ああ、誕生日が聞きたい、宿命をだして運勢をみて解説したい!」

と思ってしまいます。

手相ではわからないことまでくわしく解説したい!という気持ちがこみあげてくるのですね。

もう、自分でも病気だと思います。

占いたい病

でも、お客さまはそこまで求めていない。

う~~~~~~ん。

占えなくて欲求不満になる!!!!!

そこで、

「手相鑑定に使う10分のうち、質問には3分でおこたえするので、残りの7分でユングタロットを使わせて欲しい。料金は500円で良いです」

と、お客さまに聞いてみることにしました。

ありがたいことに、全員からOKという返事をいただきました。

手相、ユングタロットと、別々に占っていたものを途中から手相+ユングタロットを使って鑑定する、というスタイルにしたのです。

これで、私の気の済むまで占えるようになりました。

ユングタロットを使って潜在意識を引き出すと、質問の答がでてくる

鑑定のやり方はお客さまから質問を聞いて、質問の答になるカードをお客さま自身に引いてもらいます。

  • 自分
  • 質問
  • 自分と質問の関係

この3枚引きのカード選択をくりかえしていくことで自分の中にある質問に対する答がでてきます。

3枚引きを1回だけでなく、何回も引いてもらいます。

質問の内容を角度を変えて聞くようにしてもらいながらお客さま自身に3枚のカードに引いてもらいます。

納得する結果になるまで何回もカードを引いてもらいます。

このやり方をするとおもしろいほどハッキリと答がでます。

何回やっても同じカードを引くことになると、信じざるを得ない、という感じになり、最終的には深く納得する、という状況になります。

算命学の宿命をつかって運勢を解き明かしていくより、もっとダイレクトに今の問題をあらわにして、解決する方法が見つかるので、ユングタロットを使う鑑定は大好きです。

お客さまとカードをつかって鑑定しながら盛り上がっていると、近くでみていた方が

「面白そうだから」

と、鑑定を受けにいらっしゃることもありました。

鑑定しているのがすごく楽しくて、お客さまにも喜んでいただけて、本当にイベントに参加できてよかったと思っています。

なんか、イベント参加、やみつきになりそうです。