占い師が困ってしまうお客さま

2019-09-10引きこもり専業主夫のセリフが謎すぎる, ブログ

「占って」とおっしゃるお客さま

占いの館に4か月の間だけ待機したことがあります。

知らない方のために説明すると、占いの館の中に座っていてもお金はもらえません。

自分の前に座ったお客さまの質問に回答し、お客さまが占いの館に支払ったから料金から手数料を引いたお金が翌月、自分のものになるシステムです。

そんな占いの館に週に1回待機していたなかで、
忘れられないお客さまがいます。

私の前に座るなり、

Left Caption
占って

と、おっしゃるのです。

Right Caption
今日は何をお知りになりたいのでしょう?お仕事?恋愛?なんでしょう?
Left Caption
何でも良いから占って欲しいの
Right Caption
 
何でも良いって・・・・・

何でも良いと言われると困ります

20分2000円の鑑定料をお客さまは支払い、占いの館の手数料は1000円、私は翌月1000円受け取るので、2000円分の仕事はしたいと思います。

Right Caption
う~~~~~~~~ん
本当に困ります。質問がなくても鑑定はできます。生年月日をもとに、お客さまについて2時間以上話し続けることはできます。
 
が…。
 
20分という限られた時間のなかで要望に応えたい思いが、頭のなかでグルグルまわります。
 
結局、お客さまには、運勢と出会いのチャンスと健康で気を付けた方が良いところなど、占いソフトの回答文のようなことしかお話しできませんでした。
 
それが残念で、今でも時々思い出します。
 
お客さまから、
 
Left Caption
そんなことしかわからないの?
( *´艸`)
 
と、笑われているような気がする、小心者です。

Posted by ねうしまり