映画・ドラマ・本 を堪能する

引きこもり専業主夫のセリフが謎すぎる, ブログ

映画・ドラマを見て、本を読む生活

最近私は、隠居のような生活を送っています。

会社員を辞めて専業の占い師になって5か月。ほとんど仕事をしないで映画やドラマ・アニメを見て、休憩に本を読む生活をしています。

鑑定をお受けしている日はもう少し長い時間仕事をしていますが、鑑定のない日は10時間以上寝ています。

起きてご飯を食べてパソコンを立ち上げ、メールをチェックしてから映画やドラマを見始めます。

部屋の片づけや、食事などは短時間で済ませるので、寝ている以外のほとんどの時間、パソコン前に座って仕事をし、映画、ドラマ、アニメなどを見て、気分転換に本を読んでいます。

なぜこんなに映画やドラマを見て本を読むのかというと、専業の占い師になる前に、家族を扶養するために長期間働いていたからです。

12年間の会社員と2年間の契約社員をしている間は、占いの勉強をしながら仕事をしていたので、映画やドラマ、本を読む時間はほとんどありませんでした。

今、その飢餓感を満たすためにひたすら物語を自分の中に取り入れているような感じです。

物語を読むと、人の気持ちがちょっと理解できたような気がします。自分一人では経験できないことを、映画やドラマを見ることで疑似体験でき、本を読むことでわくわくする面白さを体験できます。

面白さを感じることで、気持ちが癒されます

長距離走を終えたランナーが身体をメンテナンスするように、長期間働き続けてきた私にとって、気持ちを落ち着かせるために映画、ドラマ、本が必要なんだと思います。

Posted by ねうしまり