コバエと支合とカミナリ

2019-10-03引きこもり専業主夫のセリフが謎すぎる, ブログ

家の中でコバエが大量発生

家の中でコバエが大量に発生しました。

どれぐらいかというと、コップのなかにハーブティーを入れてパソコンで作業をしていると、ハーブの匂いにつられてやってきたコバエが落ちて、ティーの上にいつのまにか浮いているという感じです。

これは良くないと思い、ラップでフタをしてコップにコバエが入らないようにして、飲む時はラップをめくって飲むようにしていたのですが、こんな状態に夫がキレました。

Left Caption
お前のコバエなんとかせいや!
 

と夫が言う理由は、コバエの発生源が部屋の中に置いている私の観葉植物の土だからです。

ちょっとまえにYouTubeでみた、自家製栄養士(バナナの皮+卵の殻)を作り、観葉植物の土の上に置いてみたら植物がシャッキリとして生き生きしてきたので、そのまま放置していたら、そこからコバエが大量にわいて出たのです。

夫にすると、私の観葉植物の土から発生したコバエは私のコバエなので、私が始末しろ、ということです。

この状態は弁解の余地がないので、観葉植物の土を捨てて根を水で洗い、赤玉土という虫がわかないものに変えることにしました。

観葉植物の鉢の土を変える方法ですが、まずコバエを始末するために、鉢が入る深さがあるバケツ(私は自分のごみ箱を使いました)に水を入れ、鉢をそのまま水の中に入れます。

水につかるとコバエは全滅します。水の中で植物をゆらすと土が落ちます。植物の根をキレイな水で洗い、赤玉土に植え替えました。

作業をする時間帯は、夫が昼食を終えてから夕食までの間です。作業時間が夕食の時間帯にまで伸びると面倒なことになります。

観葉植物は全部で10個あるので、10回同じ作業をします。周りを汚したくないので丁寧に作業をしているうちに、家の外でゴロゴロと音がしてきました。カミナリです。

Left Caption
雨ふってくるからお前の洗濯物入れろよ
 

と夫が言っています。普段私は、自分の洗濯物を夫に触らせません。なので、夫は自分と息子の洗濯物を家の中に取り入れ、私の洗濯物である「シーツ」は放置しているのです。

声をかけてくれるだけましなのですが、私は観葉植物の植え替えの最中で、はめている手袋は泥だらけです。おまけに私は宿命に「支合」というノンストップ作用をもっているので、最後までやってしまいたい気持ちでいっぱいになっています。

手袋を脱いで手を洗って、シーツを家の中に取り入れるために、植え替え作業を中断したくないのです。家の中に私しかいないならすぐに自分でシーツを取り入れますが、夫がいるのです。取り入れてくれてもいいじゃないか、と普段のことは棚上げして思いました。

Right Caption
なあ、シーツ入れて
 
とお願いしたら、
Left Caption
嫌!


と、眉間に縦しわが入ったキッパリした返事が返ってきました。

仕方がないので、手袋を脱ぎ捨て、手を洗い、シーツを取り入れました。そのあとすぐに強い雨がふってきたので、シーツを取り入れたことは正解だったのですが、私としては作業を中断させられたことで気持ちがモヤモヤしていました。

これが支合、という作用です。やり始めたことを自分の気が済むまで続けたい気持ちです。この気持ちが厄介なのです。なので、私は支合の作用を支合の呪いと思っています。

コバエがいなくなりコップにフタをしなくて良くなる

観葉植物の土を赤玉土に変えたら、コバエは発生しなくなりました。コップの中のお茶の上にいつのまにか浮いている、ということがなくなり、よけいな気をつかうことが減りました。

平和がやってきた、という感じです。



算命学ランキング

Posted by ねうしまり