笑いのツボが違う=相性がわるい

2019-08-30引きこもり専業主夫のセリフが謎すぎる, ブログ

ミステリー好みは共通

夫も私も映画やドラマを観るのが好きです。

謎が謎をよんでハラハラドキドキする場面が、テンポよく進んでいく映画が特に好きで、大画面テレビで部屋中に反響する音を聴きながら一緒に映画をよく観ました

観ました、という過去形になっているのは、夫が観ているwowowとかプライムビデオなどを自分のパソコンでも観れるように設定したので好きなタイミングで映画やドラマやアニメを観るようになったからです。

自由です

私はお笑いが好きなのでよく見ますが、夫とは笑いのツボが合わないので、1人でコメディ映画やドラマを楽しんでいます。

夫がお笑いを嫌いな理由

夫はお笑いが嫌いです。

テレビのバラエティ番組はよく観ているのですが、漫才やコメディなどは観ません。

理由は、テンポが速い、ついていけない、意味が分からない、伏線を覚えられない、からです。

綿密なコメディやドラマが好き

私はシチュエーションコメディが好きです。
終わりに近づくにつれて伏線を少しずつ回収していくような綿密なコメディやドラマが大好きです。

私が大好きなコメディを夫は退屈だと言い、一緒に観ていると寝てしまいます。

お約束のような笑いや、言葉遊びを楽しむようなものは好きではないようです。

笑いのツボが違うと共通で楽しめるものが減ります。これが相性が悪い、ということなのかと、深くかみしめています。


算命学ランキング

Posted by ねうしまり