子の日の災い(アルコールをやめてもγ-GTPが250を超える)

2019-11-14引きこもり専業主夫のセリフが謎すぎる, ブログ

内科医を紹介される

病院の先生から、左手の腱鞘炎の手術日として、

Left Caption
12日はどうですか?

と聞かれ、調べてみたら「子」の日でした。

子の日というのは、子丑天中殺をもつ私にとって災いが多い日になります。丑の日は影響を感じることは少ないのですが、子の日は何かあります。

手術が無事に済んでホッとしていると、先生から、

Left Caption
血液検査で気になる数値があるから、超音波検査受けてもらえる?

と言われました。

超音波検査をすぐに受けられる、ということで検査を受けたところ、検査終了後、検査士の方から

Left Caption
ご飯食べたあと、お腹痛くならない?

と聞かれました。

Right Caption
はい、たまに痛くなります
Left Caption
でしょうね

と、気になることを言われました。そして、手術担当の先生から、

Left Caption
内科医を紹介するから受診して

と、同じ病院の内科を受診するように言われたのです。

受診するための問診票をみると、検査の結果、がんなどの深刻な病気がわかった場合、告知を希望されますか?と書いてあります。

もちろん希望します。

2020年から子丑天中殺の期間に入ります。その影響を今から受けているのでしょうか?天中殺の期間になると病気が発覚することが多いと聞きます。

発覚は早い方が良いですが、心配なので、告知される前に病状を六壬神課で占ってみることにしました。

六壬神課で占う

六壬神課は気になった時刻、2019年11月12日15時15分で占います。

月将は「卯・朱雀」
日干支は「癸丑・白虎」
時刻は「申・貴人」
空亡は「寅卯」

以上を解説すると、

今の私

月将は今の私をあらわしています。朱雀というのは南の守護神ですが凶将です。真夏の太陽で、勢いのある知恵をあらわしています。

勢いがあり、知恵を活用している状態ですが、「卯」が寅卯天中殺の影響を受けています。つまり、勢いと知恵の活用は弱まっている、ということになります。

途中経過

病の途中経過をあらわすのは「白虎」となっています。

白虎は西の守護神で、早い決断、猪突猛進、病気や手術という意味があります。

病に関して早い決断が必要であり、場合によっては手術もある、という感じです。

最終結果

最終的な結果をあらわすのは「貴人」となっています。

貴人は「吉」をあらわし、意のままになる、という意味になります。

以上の結果を総合して考えると、明日説明を受ける結果を受けて何かを決断することによって、思いは叶う、という意味になります。

不安を感じた時に占いを使えるので、占いを勉強していて良かったと思っています。


算命学ランキング

Posted by ねうしまり