腱鞘炎手術後のメニューを決める

引きこもり専業主夫の謎, ブログ

手術を決める

腱鞘炎がいつまでも治らないので、手術することにしました。

左手の親指は伸びず、右手の親指は曲がらず。

伸びない、曲がらないのは「腱(けん)」が炎症を起こしているからだそうです。

手術は、その炎症をおこした腱に切り込みを入れて炎症が起きないようにするのです。

親指のつけねに2㎝ほど切り込みを入れて腱に切り込みを入れると、伸びない指が伸ばせるようになるそうです。

手術に不安はありませんが、術後の生活に不安があります。

術後のメニュー

手術が終わったあと、お医者さまから2週間は傷口に水をつけてはいけないと言われたので、術後の食事のメニューを考えます。

夫が作る食事は、食材を炒めて調味料とまぜるだけなので、まずくはないのですが飽きます。

なので、自分の好きな物を食べるためには自分で作るしかありません。

手を濡らさず簡単に作れるメニューを決め、下準備して保存しておく。そうすることで術後の食生活が守れる。

何事も準備です。


算命学ランキング