お金を手に入れる方法、残す方法がわかります!

こんにちは、ねうし まりです。

大阪で、算命学で鑑定をする占い師をしています。

算命学という占いは誕生日をもとにして占っているのですが、生れた時から金運を持っている人、持っていない人、というのがわかります。

でも、ちょっと考えたらわかっていただけると思うのですが、同じ日に生れた人が同じようにお金を持っているわけではないですよね?

世界的な富豪と同じ日に生れたのに、お金を持っていない人はいます。

この違いは、何なのでしょうか?

というのが今日のテーマで、お金を手元に残す方法がある!というお話です。

自分が持っている運を活かすことでお金を手に入れることができるようになる

生れつき金運を持っている人がいるのですが、2種類のタイプに分かれます。

1つはコツコツ地味に働いてお金を貯めていくタイプ。

もう一つは、比較的大きなお金を動かすタイプです。

 

1つ目の地味に働いてお金を貯めていくタイプは、文字通り地味にコツコツ貯めていく方法が合っています。

一攫千金を狙ってギャンブルにかける、というようなことをしない方が良いタイプです。

 

もう一つの大きなお金を動かすタイプは、自分のお金を動かすより、起業に入って大きなお金を運用していくような仕事に向いています。

このようなタイプの人がお金を使わずにいると、だんだん入ってくるお金も少なくなってきます。

 

タイプによってお金の使い方を変えると良いのです。

 

私の宿命の中に金運の星はあるのですが、大金をつかむような星ではありません。

コツコツと小銭を貯めて貯金をするタイプの星です。

貯金するタイプの星を持っていますが、計画性がないので貯蓄が上手、という感じでもありません。

間違っても

「金持ちです!」

とは言えません。

でも、手持ちのお金が少なくなって、自分のやりたいことができなくなった時は、何かしらのかたちでお金が入ってきます。

収入が増えたり、人からもらったり、ということで自分のやりたいことができています。

このようなことは、どうして起きるのかというと、自分に合ったお金の使い方をしているからかな、と思っています。

自分に合ったお金の使い方というのは、例えば勉強です。

占いを勉強するために本を買い、専門学校に通い、通信教育で勉強する。

占い師として活動を始める15年以上も前から勉強を続けてきたことになります。

自分の金運の星は大きなお金を動かす星ではなく、少額をあつかう星なので、占い師としてどこにも所属することなくフリーで地味に活動を続けていくのが合っています。

運勢通りに生きているので、宿命の中にある金運の星が役割を果たしてくれている感じです。

 

金運の星が宿命の中のどの場所にあるかで、金運の活かし方が変わってきます。

金運の星を持っていても、その星の役割に合った活動の仕方をしないと上手く働いてくれないのです。

 

お金は自分にあった使い方をした方が良いのです。

 

 

お金を増やす方法をお知りになりたい方のご相談はこちらから