自分の欲望を満たすものではないものは天中殺の影響を受けないので「やって良いこと」です

天中殺をむかえるのが不安な方

「来年天中殺なんですけど大丈夫でしょうか?」

というご相談を受けることがあります。

天中殺のご相談で多いのが

「〇〇してもいいでしょうか?」

という内容です。

または、

「なんとなく怖い感じがする」

ということでご相談されます。

天中殺の時期を必要以上に不安に思わないほうがいいのですが、知らないと不安に感じるものです。

そこで、今日は天中殺という時期にやって良いこと、やったらダメなことについて書いていきます。

天中殺の説明を始めると非常に長い説明になるので今回は省略いたします。

天中殺から受ける影響については下のリンク先のページにくわしく書いてますので、興味のある方は見てくださいね。

天中殺をむかえるのが怖い方、災いを好転させる過ごし方があります!

天中殺の時にやって良いこと、ダメなことの判断とは

天中殺の時期にやって良いこと、やったらダメなことがあります。

やって良いことかダメなことなのか判断する時に重要なことがあります。

それは、自分の欲のためにすることなのか、それともせざるを得ない状態になってすることなのか、ということです。

結婚も就職も転職も転居も、自分が楽をしたいからとか、お金を今よりもたくさん欲しいとか、分不相応な家を手に入れたいとか、そういう気持ちで行うと上手く行かない結果になりやすいです。

反対に、相手を幸せにしたいと思って結婚する。

自分の力を誰かの役に立つように使いたいと思って就職する。

働いている会社が傾いて仕事を続けられなくなったことが原因で転職する。

今住んでいる家に住み続けられない状態になったから転居する。

このような場合は天中殺の影響を受けないので、問題は起こりにくいです。

つまり、自分の欲望を満たすために行動してはいけない、ということになります。

天中殺の時にやって良いこと

 入学・進学

義務教育の入学や進学に対しては天中殺の影響は出ません。

親から守られている子供時代は天中殺の影響は受けないのです。

ただ、私立中学の入学のために裏口工作をしたりするようなことをすると、天中殺の影響が後から出て、学校生活が辛いものになりかねません。

運を天にまかせるような気持ちで受験を見守ることが大切です。

旅行

天中殺の時期に旅行をしてひどい目にあうことはありません。

むしろ、じっとしていられない気持ちの気分転換になってプラスの方向に向かいます。

注意する点は、仕事と旅行を一緒にする場合です。

仕事と観光を同時にするような予定を組んでしまうと、体調を崩してしまうとか、仕事が予定通りに進まない、というようなことになりやすいです。

仕事に行くときは仕事だけする。

旅行を楽しみたい時は仕事を持ち込まないようにする。

そうすることで天中殺の影響を避けることが出来ます。

面接

就職や試験などの面接を受けることに関してはまったく問題はありません。

ただ、合格して天中殺の時期から仕事を始めなければならないような流れになる時は、仕事が長続きしない場合もあります。

偶然の出会い

たまたま出会って知り合った場合は問題ありません。末永く付き合うこともあります。

出会った人が異性の場合は、すぐに恋愛関係になる可能性もあります。

付き合うだけなら問題ないのですが、すぐに同棲を始めるような関係になると問題が出やすくなります。

お見合い

天中殺の時期にお見合いをしてもまったく問題はありません。そのままお付き合いをしても大丈夫です。

見合いを何回繰り返しても大丈夫なのですが、「結婚」するという意思決定は天中殺の時期が明けてからする方が良いでしょう。

結婚式

天中殺の時期に結婚式を行っても問題はありません。

でも、条件があって、入籍と同居は天中殺の時期が明けてからする方が天中殺の影響を受けない結婚になります。

天中殺の時期に結婚しても影響を受けないケースがありますので、気になる方は下のリンク先のページをみてください。

天中殺で結婚してもうまくいくケースがあります

他人からの影響での転居

天中殺の時期でも、区画整理で転居せざるを得ないような状況になっての転居は天中殺の影響を受けません。

自分は出て行きたくないけど、出ていかなくてはいけないような状況になっての転居の場合は問題ありません。

離婚

あまり良くない夫婦関係を解消するために天中殺の時期を利用できます。

修復出来ないような関係になっている夫婦の場合、どちらかが天中殺だと別れにつながりやすい時期になります。

ただ、天中殺の時期である方からの要求は通りにくくなるので、弁護士や、信頼できる友人に仲介役をしてもらうと良いでしょう。

結論を急がずにじっくりと時間をかけて進めることで離婚を上手く進めることができます。

その時は、間にはいってもらった人に任せて余計な口出しをしないことが大切です。

天中殺の時にやってダメなこと

出会い系サイトで恋人をみつけること

天中殺の時期に出会い系サイトのようなところを利用して恋人を見つけても上手くいきません。

付き合い始めることができても良い結果にはつながりません。

人生の中で大切な20代~40代の人なら、人生の運を落としてしまうかもしれません。

天中殺の時期に出会い系サイトで恋人を求めてしまうようなら、すこし、自分の人生をふりかえってみたほうがいいかもしれません。

結婚相手、交際相手を求める時の注意点として、自分の欲望を満たすために求めない、ということが大切になります。

欲望を満たすための行動は天中殺の影響を受けて、自分の思い通りの結果にはならないようになります。

欲望を満たすのに良い相手だと思って付き合い始めた相手にお金を取られる、病気をうつされるなど、良いことにならないことが多くなります。

結婚相談所などで結婚相手を探す時も、よりよい条件を求めて相手を探すことが、自分の欲望を満たしたい、ということになり、良い結果につながりにくくなります。

天中殺の時期の行動で大切なことは、相手の要望に応える姿勢を持つ、ということです。

知り合った異性から求められて、それに応える。

自分から求めるのではなく、相手から求められたことに対して、応えられるなら応える。

受け身の姿勢をとることで、天中殺の影響を避けることができるのです。

天中殺の時期に出会い系サイトで知り合った人と付き合っている方

出会った場所がどこであっても、良い方はいらっしゃいます。

相性もよく、長く付き合っていける方と出会うこともあります。

ただ、天中殺の時期というのは、自分の判断が普段の自分とは違うものになる点で注意が必要なのです。

ですから、天中殺の時期に出会った方と長く付き合っていけるか不安になった時。

何かしらのトラブルがあった時。

自分のことをよく知ってもらっている人に、お付き合いをしている方を紹介して判断してもらうと良いでしょう。

自分の性格や、生活をよく知っている人に紹介して、良い人だと判断してもらえたなら付き合い続けても問題ありません。

多少のトラブルがあっても2人で乗り越えていけるでしょう。

反対に、

「あなたには合っていない気がする」

というような判断をされた場合、お付き合いの仕方を調整したほうが良さそうです。

どう調整するかというと、相手を信用しすぎず、相手の生活に踏み込みすぎず、自分は自分の領域を守るような付き合い方をする、ということです。

つまり、ベッタリ付き合うのではなく、一定の距離を保って付き合うことが大切になります。

一定の距離をとることで、お互いをトラブルから守ることになるのです。

新築・増築・不動産所得

不動産の場合は、名義人が天中殺の時期なのか、ということが影響します。

名義人の運によって家の居心地が変わってくるので、名義人が天中殺の時期は出来る限り、新築・増築・不動産所得は避けた方が良いです。

ただ、転売目的の土地を購入するのは問題がありません。

自分の手元に残るものではないので、天中殺の影響が出ないのです。

天中殺の時期に土地を購入するのは問題ないのですが、天中殺の時期に購入した土地を天中殺の時期に売却するとか、土地の上に自分が住む家を建てるようなことをすると、天中殺の影響が出るので、注意が必要です。

天中殺の時期に購入した土地に、自分以外の人が住む家を建てた場合は天中殺の影響はでません。

そして、天中殺の時期に購入した土地に自分が住む家を建てる場合でも、隠居目的で建てるなど、社会から引退するような形であれば天中殺の影響は出ません。

天中殺の時期に土地購入・新築した方

天中殺の時期に土地を購入して、自分が住む家を新築した場合、居心地の良い家にならない場合があります。

そのような時は、土地の名義、家の名義を変更することで天中殺の影響を減らすことができます。

名義の変更ができない場合、名義人の寝室を別の部屋に変更することで居心地を改善することができる場合があります。

給料や待遇の改善を求めての転職

このケースが、一番天中殺の影響を受けます。

お金を求める欲が、良くない方向へ自分を運んでいくような感じになりやすいです。

新しい職場でも問題が起きたり、思い通りの仕事が出来ない状況になりやすいでしょう。

ただ、職場でイジメを受けていたたまれなくなるとか、ストレスで体調が悪いとか、マイナスの状況からの転職の場合は、天中殺の影響を受けないので大丈夫です。

給与が多くなる仕事への転職が天中殺の影響を受けるポイントは、自分のためにお金を求める気持ちの内容によります。

家族を養うために必要な給与を求めての転職は問題ありません。

天中殺の影響を受けるのは、自分の欲望を満たす行為です。

自分の生活を守るための転職は問題ありません。

自分の欲望、つまり、生活必需品ではなく、装飾品など、日々の生活に必要なもの以上のものを自分のために求めることが自分の欲望を満たす行為、となります。

仕事などで装飾品が必要、ということなら影響は受けません。

あくまでも、自分の満足のために装飾品(例えばです)を求める。

そのために転職をする、ということが良くない、ということになります。

給料や待遇の改善を求めて転職した方

給与や待遇の改善を求めて転職し、新しい職場で問題が起こった場合、自分の人生計画の見直しを求められているということになります。

思い通りの仕事ができない、予想していたほど収入が上がらない、労働環境にも問題がある。

このような状態になったら、自分の生き方を反省することで、転職を繰り返す人生から逃れることができます。

反省して改善すると良いポイントは

自分の人生に目標を持つ。

地に足が付いた生活をおくるように心がける。

です。

新規事業の立ち上げ

天中殺の時期に会社をやめて自分で事業を立ち上げたくなった時は、自分の意欲が全面に出ているので、新規事業は行き詰まることが多くなります。

新規事業の案や計画をたてること事態には問題がないのですが、行動に移すのは、天中殺の時期が明けてからにしたほうが良い結果につながります。

天中殺の時期に事業を立ち上げた方

天中殺の期間内に事業を立ち上げた場合、2つの道があります。

1つは、事業が上手く行かないことがわかったら早々に撤退する。

2つめは、天中殺後も事業を継続することができそうなら、色々なトラブルがあっても事業を維持することに力を注ぐようにする。

そして、天中殺が明けたあとに事業計画を見直して「社名変更」「事務所の移転」をすることができたら、新しい展開として事業を発展させることも可能になります。

浮気

天中殺の時期に浮気をしてしまった方

天中殺の時期に浮気をしてしまったら、なかなか別れられない関係になる場合があります。

気持ちが離れられなくなるのです。

このため、配偶者に知れた時の反動は大きく、自分の人生を大きく狂わせてしまう可能性があります。

別れたくない気持ちがあり、家族から強く責められ続ける、という非常に厳しい状態になりやすいです。

過去に浮気をしたことがある方

過去に浮気をしても配偶者に知られずにすんでいる方。

天中殺の期間になって隠していたことがあらわになる場合があります。

過去のことだから、といって見つかると困るようなものの処理がいい加減になっていたものが、天中殺の時期に配偶者の目に入る。

そのようなことが起きやすくなります。

過去に浮気した方・浮気をしている方

過去に浮気をした方

過去に浮気をしたことがあり、配偶者に知れては困るという場合、知られてはいけないもの、見られてはいけないものは徹底して処分しましょう。

配偶者に余計な負担をかけないように、不要なものを残さないように気をつけることが大切です。

天中殺の時期に浮気をしている方

あっさり別れるのが一番ですが、別れられないという時にどうするか、ということです。

このケースで、浮気相手との関係を続けたい場合、本来の自分のパートナーにいつも以上に愛情を注ぐことで天中殺の影響を少なくすることができます。

自分の身のまわりの人すべてに温かい心づかいをすることで、災いを少なくすることが出来ます。

自分のためにではなく、まわりの人を不幸にしないためにも、気づかいを忘れないようにしましょう。

お金の貸し借り

天中殺の時期に人にお金を貸すと、返って来ないことの方が多いでしょう。

反対に、お金を借りると予定が狂って返せなくなることが多くなります。

信用を失うことになりかねないので、天中殺の時期はお金の貸し借りはしないようにしましょう。

お金の貸し借りをした方

天中殺の時期に人にお金を貸した方

予定通りに返ってこないことのほうが多くなります。

貸した相手に返す気があっても、何かしらの事情で返済が滞るようになります。

事業に失敗するとか、病気になるとか返したくても返せない状態になりやすいのです。

ですから、相手のことを助けるためにもお金は貸さないほうが良いでしょう。

天中殺の時期に人からお金を借りた方

天中殺の時期は、簡単にお金を借りることができます。

でも、返すつもりの予定が狂い、返済できずに貸してくれた相手ともめごとになる可能性があります。

天中殺の時期はお金を借りないほうが良いのですが、借りてしまったお金は天中殺の時期が明けたあと、他所から借りてでも全額返済をすると天中殺の影響を避けることができます。

ねうし まり へのご相談はこちらから