天中殺に何かをしたから不幸になるわけではありません。

天中殺の時に何か新しいことをすると不幸になる、と聞いたことがありますか?

天中殺の期間に何かをすると必ず不幸になる、というわけではありません。

天中殺の時期というのは、天中殺の時期ではない時に自分を押さえていた理性や常識やルールというようなものがなくなる期間です。

今まで自分を押さえていたものがなくなるので、いつもとは違う気持ちになります。

気持ちが強い時は暴走してしまう危険があります。

自分の気持ちを押さえられなくなるのです。

職場に不満があれば、転職したくなり、住んでいる場所に不満があるなら引っ越しをしたくなります。

心の底から、要求が突き上げてくる感じです。

ガソリンを燃やして空気を熱して空に舞い上がる気球のような状態になります。

ガソリンは本能、ガソリンに点火するのは天中殺というスイッチ、舞い上がるのは自分の運勢です

高く飛んで行くか、遠くまで飛ぶかは、運勢次第ということです。

気持ちが不安定になる時期だから動きたくなりますが、よく考えずに行動しても良い結果は生れません。

天中殺の時期に始めたことが必ずダメになる、ということはありませんが、気をつけたほうが良いことはあります。

いちばん大切なのは、天中殺の影響を受けやすいか、受けにくいか、ということで気をつける度合いが違います。

天中殺の影響をあまり受けない人は、気にしなくても良いのです。

 

天中殺のご相談はこちらから