復縁の可能性はあります

相手との関係が不安

付き合っている相手との関係が不安、というご相談を受けることがあります。

まだ別れてはいないけど、付き合い始めた時の感じではない。

このままの関係だと、別れになるかも知れない。

相手の態度が冷たくなったように感じて、不安を感じるということです。

付き合い始めた時と違う点は、

・連絡しても返事が遅い、または無い。向こうからの連絡もない。

・疲れているのか、一緒にいる時も楽しそうじゃない。

など、いろいろあります。

相手の態度が付き合い始めた時とは変わってしまった理由がわからない。

相手が自分のことをどう思っているのかわからない。

わからないけど相手に聞けない。

わからないという気持ちで頭の中が混乱している状態です。

このような状態の時、占うことで2人の関係を整理することができます。

付き合い始めた頃に比べて相手の態度が変わるのはよくあることです。

態度が変わらないほうが少ないです。

そもそも、恋愛のはじめから自分の本当の顔を見せる人は少ないです。

人は、相手に感じ良く見てもらえるように装うものです。

でも、付き合いが安定したら、徐々に自分の本当の顔を見せるようになります。

本当の顔というのは、占うことでわかります。

無口で控えめな性格の人なのか、おしゃべりで活動的な人なのかなど、性格の特徴がわかります。

相手の本当の姿を知ることで、相手の変化を理解できるようになります。

心配しなくても良いことがわかることもあります。

気を付けたほうが良いということもあります。

どちらにせよ、2人の関係を一度整理してみると良いでしょう。

2人の関係を客観的に見直すために占いを利用されると、より良い感じで付き合っていけるかもしれないのですから。

復縁できる関係とタイミング

別れた彼と復縁できますか?

というご相談を受けることもあります。

復縁できるカップルは、お互いがお互いにとって必要なものを持っています。

・一緒にいることでやる気がでる関係。

・一緒にいることで仕事が順調に進む関係。

・一緒にいて居心地がいい関係。

・一緒にいなくても気持ちがつながっていると思える関係。

このような関係なら、一時的に別れることになったとしても復縁できる可能性は高いです。

なぜなら、お互いがお互いにとって必要だからです。

必要というのは、他の人では代わりにならないものを持っているということです。

他の人では満たしてくれないもの。

そして、自分にとって必要なもの。

それを持っているのが相手だということです。

他の人ではダメだ、と気がついた時に復縁という言葉が頭にうかびます。

復縁という言葉が頭にうかぶタイミングは双方で違いますが、

2人の頭それぞれに復縁という言葉がでたタイミングが、復縁のタイミングとなります。

嫌いで別れたのではないことも重要

いったん別れてもすぐに復縁するようなカップルの場合、交際を始めてすぐに、自分にとって相手が必要だと感じるようなことが多いです。

他の人より、気持ちよく話し合うことができる。

他の人より、考え方を理解することができる。

他の人より、尊敬できる生き方をしている。

こんな感じで、自分にピッタリと思える相手です。

あまりにも自分にピッタリで、合っているということが当たり前になりすぎると、ピッタリ合っていない部分が気になるようになります。

例えば、

自分とデートするよりも、相手が仕事を優先したとか。

自分と過ごすよりも、相手が家族との付き合いを優先したとか。

いろいろあります。

あまりにも相性が良すぎる相手だと、良い関係でいることが当たり前で、少しのことが許せないと感じるようになることがあるのです。

そんな時、

別れ

という言葉が頭に浮かびます。

嫌いになったから、というより、自分のことをもっと大切にしてくれる相手を求めるようになります。

そして、相手の代わりなんていくらでもいる、という気持ちで別れるのです。

離れることで相手の大切さに気が付く

付き合う時間が長くなればなるほど、慣れというものがでてきます。

相手の存在が当たり前になり、してもらって当たり前、という気持ちもでてきます。

代わりなんていくらでもいる、という気持ちで別れたあと、代わりになるような人はいない、ということに気が付くのです。

顔が似ている人、雰囲気が似ている人、声や話し方が似ている人がいますが、あくまで似ている人です。

まったく同じ人、代わりになる人はいません。

代わりになる人はいないと気がつき、もう一度元の関係に戻りたいと思って、占い師のところに相談に来られるのです。

復縁できるか鑑定することはできます

占うことで復縁が可能かどうか鑑定できます。

どういう方法を使うと復縁できる可能性が高くなるかということも、見つけることができます。

一番始めに紹介した、

・一緒にいることでやる気がでる関係。

・一緒にいることで仕事が順調に進む関係。

・一緒にいて居心地がいい関係。

・一緒にいなくても気持ちがつながっていると思える関係。

このような関係なら、一時的に別れることになったとしても復縁できる可能性は高いです。

お互いがお互いにとって必要で、他の人では代わりにならないものを持っている。

他の人では満たしてくれない、自分にとって必要なものを相手が持っている。

そして、一方が復縁したいという気持ちを強く持っている。

このような状態なら、復縁できる可能性は高いです。

相手の運勢の流れをみて、復縁するのに良いタイミングを探す

復縁できる可能性が高いなら、復縁をいつ相手に伝えるか、というタイミングをはかることが大切になります。

相手にも生活があり、暮らしのリズムがあります。

気持ちの流れもあります。

こちらの思いを一方的に告げるよりも、頃合いを見計らって伝えるほうが効果は高くなります。

復縁の話を伝えるようなデリケートな時は、自分の運勢と相手の運勢をみて、いい感じで伝わりやすい日に伝えたほうが復縁の可能性は高くなります。

復縁したいという気持ちを相手に伝える前に知っていたほうが良いこと

運勢をみて、いい感じで伝わりやすい日に伝えたほうが復縁の可能性は高くなりますが、伝える日を選ぶ以上に大切なことがあります。

それは、相手の運勢の流れです。

思いが伝わりやすい日というのは占うことでわかりますが、それだけでは不足です。

相手の運勢の流れがどのようになっているかを知っておくことが大切です。

相手の運勢を知ることで、相手から断られる可能性を減らすことができるのです。

つまり、仕事にエネルギーを注がなくてはいけない運勢になっているなら、恋愛に時間をかけられない。

仕事以外でも身の周りのことで時間やエネルギーを使わなくてはいけない運勢になっているなら、同じように、恋愛に時間をかけられなくなっている可能性がある、ということです。

このような状態になっているなら、相手の時間を必要以上に求めるような態度を見せてしまうと、復縁を断られる可能性がでてきます。

嫌いで別れたわけではない。

気持ちはまだ残っている。

でも、時間的に無理。

となる可能性がある、ということです。

でも大丈夫です。

恋愛についやす時間的な余裕が相手にない場合、復縁することであたえられるメリットを相手に提示できることで交際が再開することもあります。

つまり、付き合いが負担ではなく、良いことがあるのだと相手に感じてもらえることを伝える、ということです。

復縁したいという気持ちを相手に伝える前に確認したほうが良いこと

復縁したい気持ちを相手に伝える前に、確認したほうか良いことがあります。

それはご相談者の運勢の流れが復縁に向かっているのか、ということです。

相手の運勢の流れを確認したように、ご相談者の運勢を確認して、運勢が復縁に向かっているのか見極める必要があるのです。

復縁できる可能性が高くても、復縁することがご相談者にとって幸せなことなのか、ということです。

復縁することがご相談者にとって幸せなことなのか、恋愛以外にエネルギーを注ぐような運勢に向かっているのではないか。

現時点での選択肢をみつけることができる。

それが、占いを使う最大のメリットです。

復縁する方法が知りたいと占い師に相談されるぐらいなので、ご相談者は復縁を望んでいらっしゃいます。

でも、冷静さを失っている時は、自分にとって必要なことを上手く選択できないものです。

選択肢は別れたままか、復縁か、2つに1つというような感じになっています。

選択肢は2つではないはずなのですが、2つしか思いつかない。

そんな状態から抜け出していただくのが占い師の仕事です。

気持ちを整理して、他の選択肢もあることを知っていただくのです。

自分が進むべき道は恋愛以外なのかも知れないのですから。

復縁の可能性の見つけ方

別れた彼と復縁できる可能性の見つけ方です。

・復縁したいという気持ちがある

・お互いがお互いにとって必要なものを持っている。

・相手の運勢の流れが復縁に向かっている。

・自分の運勢も復縁に向かっている。

・気持ちがいい感じで伝わりやすい日に、相手に気持ちを伝えることができる。

・復縁することであたえられるメリットを相手に伝えることができる。

このような流れになっていると復縁できる可能性は高い、と考えられます。

相手に嫌われて別れた場合

今までは、お互いに気持ちが残っている場合の復縁の可能性を書いてきました。

でも、お互いに気持ちが残っている状態で別れたカップルは少ないです。

ご相談でも、相手から嫌われて別れることになった、というほうが多いです。

急に別れ話をされて別れることになったけど、自分はまだ相手に気持ちが残っている。

というご相談です。

占い師からみると、

相手から嫌われて別れることになった、です。

でも、ご相談者の頭の中は、相手はまだ自分のことが好きなはずだ、という考えで満たされています。

自分に非があるかもしれないけど相手にも非がある。

お互い様なのに自分が否定されたことに納得できない。

相手は自分のことを誤解している。

誤解をときたいから相手にどう説明したら良いのか知りたい、教えてほしい。

という感じのご相談です。

温度は高めです。

ご相談者の気持ちの温度が高い時は、占い師の言葉が頭に入りにくいです。

自分が聞きたいことだけを言って欲しい、という状態になっています。

このように、自分以外の人の言葉や気持ちを受け入れられない状態の時は、復縁に結びつけるのは難しいでしょう。

なぜ難しいのか。

別れたあとの相手は、気持ちの流れも、生活のリズムも、感じ方も、付き合っていた頃とは違う、別の生活を始めています。

もうすでに、自分とは違う土俵に立っているのです。

違う土俵に立っている相手に対して、付き合っていた頃と同じ感覚で接しても気持ちは上手く伝わりません。

気持ちの温度に差がある相手に感じるのは違和感です。

違和感を感じる相手に普通の人は好感を持ちません。

好感を持ってもらえない相手との復縁は難しいです。

厳しいことを言いますが、相手との違いを認めて受け入られるようになってからでないと、復縁を望むのは難しい、ということです。

すこし時間をおいて、落ち着いて考えることができるようになってから、そう言えば占い師はあんなことを言っていたな、と思い出していただければ、結果は変わるかもしれません。

気持ちが熱くなっている時には少し時間をおくことも大切なのです。

気持ちが落ち着いて別れになった原因を自分でみつめるようになり、占い師のアドバイスを受け入れることができるようになったら、復縁の可能性がでてくるのです。

占い師の言うことを100%聞いたほうが良い、というわけではありませんが、参考にできるくらいの気持ちの余裕を持つことが、復縁するためには必要なのです。

自分が嫌いになって別れた場合

相手のことが嫌になって別れた場合の復縁について。

相手のことが嫌になって別れたのに、相手から復縁を求められているけど、どうしたらいいでしょう?

というご相談です。

このケースのご相談も多いです。

元配偶者から復縁を求められた場合

元配偶者から復縁を求められた時にどうしたらいいか、というご相談を受けた時、元配偶者だけでなく、ご相談者に強くかかわりがあった元配偶者の家族すべてとの関係を鑑定します。

婚姻関係のトラブルをみるためにはまず、家族の力関係をみるのです。

元配偶者の家族関係の中で、一番力を持っているのは誰か。

一番力を持っている人の影響を受けているのは誰なのか。

元配偶者と復縁をすることで自分にどのようなメリットが生まれるのか。

デメリットはなんなのか。

そのようなことを鑑定してからご相談者と元配偶者の運勢の流れをみて、お互いの運勢がどの方向に向いているのかをみます。

総合的に占った結果として、元配偶者との復縁の可能性をお伝えする時には、条件をつけることが多いです。

元配偶者がご相談者の希望を受け入れるなら、復縁を受け入れても大丈夫、とかです。

元配偶者がご相談者の希望を全面的に受け入れるということでも、ご相談者の気持ちが復縁を望んでいないなら、復縁はやめたほうが良いです。

または、延期です。

時間をかけて考える。

元配偶者の決意が本気なのか、時間をかけて確かめてから復縁しても遅くないからです。

元恋人から復縁を求められている場合

元恋人のことが嫌になって別れた場合の復縁についてです。

元恋人のことが嫌になって別れたのに、相手から復縁を求められているけど、どうしたらいいでしょう?

というご相談です。

このケースのご相談も多いです。

元恋人という関係の場合、どの程度の付き合いだったかということをまずお聞きします。

入籍していないけど一緒に暮らしていた。

一緒に暮らしていないけど長く付き合っていた。

知り合ってすぐに付き合いはじめてすぐに別れた。

いろいろな場合がありますが、大切なのはご相談者の気持ちと運勢の流れです。

占い師に相談されるということは、復縁したほうが良いかどうか自分で決めかねているからです。

復縁した方が良いか決めかねてい時は、ご相談者の運勢の流れをみます。

ご相談者の運勢が切り変わりのタイミングになっている場合、切り変わったあとの運勢の内容にもよりますが復縁しないほうをオススメすることが多いです。

恋愛以外のことにエネルギーを使う運気になっていることが多いからです。

例えば、仕事です。

仕事で活躍する運気に向かっているなら、仕事にエネルギーを使うようになっているとお伝えします。

仕事と恋愛は両立しないのか、ということもありますが、両立できるかどうかは人によって違うので、ご相談者に合わせてお伝えするようにしています。

元恋人の求めに応じて復縁したほうが良いのかは占うことである程度の目安はつけられます。

でも、最終的に決めるのはご相談者の気持ち、ということになります。

結婚運をあげるためには

復縁の話をしてきましたが、最後に結婚運を上げる、ということについて書いていきます。

結婚運を上げる一番の方法は、

結婚に興味を持つ

ということです。

常に結婚を意識し、結婚相手となる人のことを意識し、結婚生活を意識する、ということです。

結婚について意識することで、人に対しての接し方、自分の生活態度、何を学ぶか、どういった行動が必要になるのかを常に考えるようになります。

すべての意識を結婚することに向けることで結婚運は高まります。

結婚に意識を関連付けるのです。

幸せな結婚を望むなら、

幸せな結婚生活を過ごす人間になれることを目指す。

それだけで結婚運はあがります。

占いを使って結婚運を上げる方法

占いを使って結婚運を上げる方法もあります。

1つめは、

自分の生まれた日の干(かん)と引き合う縁がある干を持っている相手を探す、という方法です。

生年月日を使って自分の日干、相手の日干を下のリンク先のページで調べることができます。

干合相手を調べるページに移動します

干というのは10種類しかないので10人に1人は縁を持っている相手となるので、この方法だけ、というのはちょっと弱いです。

もう1つの、自分の干に対して結婚の縁がある干が、運勢で回ってくる時期を利用する。

2つの方法を合わせることで結婚運は上がります。

まず、気持ちが恋愛モードになります。

家庭を持ちたくなる気持ちも強くなります。

結婚運が強くなる時期に、縁を持っている相手と出会うことで結婚に対しての意識が強くなります。

本能としての気持ちが強くなので、フェロモンが強くなり、色気がでるようになります。

結婚相手を探すには最適な時期になりますが、結婚運が高まる時期は人によって違います。

自分にとって一番良い状態で結婚運が高まる時期を知ることで、チャンスを増やすことが出来るのです。

彼と復縁するためのご相談はこちらから