司禄星と貫索星の相性

価値観が似ている2人

貫索星は初対面の人には無愛想です。

笑顔は見せても自分の内面をやすやすと見せることはありません。

そんな貫索星に、消極的な司禄星は声をかけることができません。

付き合いが始まるまでには時間がかかる2人です。

付き合うまでに時間がかかる2人ですが、お互いが堅実な努力家という価値観が似ているので、お互いのことを知った後は無理せず自然に付き合うことができる関係になります。

ただ、価値観は似ているのですが貫索星は自分のやり方を曲げることができないので、司禄星が我慢を強いられる場面が多くなります。

貫索星の押しつけをどこまで我慢することができるか。

司禄星の忍耐力の強さが2人の仲が続くポイントになります。

我慢し過ぎは良くない

貫索星は協調性が乏しく、批判されることが嫌いで、自分のやり方を押し付けてきます。

自分のやり方にや世界観にこだわりが強いので、世間的なルールから逸脱することがあります。

そんな貫索星に保守的な司禄星はついて行けないと感じます。

ついて行けないと感じながらも控えめで自分の意見を主張することが苦手な司禄星は我慢します。

我慢しますが、限度はあります。

ですから、司禄星がキレた時、2人の関係は終わります。

貫索星と長く付き合いたいなら、我慢し過ぎはよくありません。

自分の希望をハッキリと伝えたほうがいい場合もあります。

我慢しすぎない付き合いかたを心がけることが大切な関係です。

 

司禄星と石門星の相性

多くの人と付き合う

石門星は天性の親しみやすさを持っています。

初対面の人でも旧知の仲のように接し、大勢の人と付き合うことを好みます。

司禄星の人付き合いは個人対個人で、内面を掘り下げていくような付き合い方を好みます。

人との付き合い方が全く違う2人です。

石門星は広く浅く付き合うタイプなので、人間性を深く問い詰められるようなことは苦手です。

本音を探られるような付き合いは息苦しいのです。

本音を聞き出そうとして追い詰めるようなことをすると、あっさり逃げて行ってしまいます。

長くつきあいたいなら、気持ちを聞き出すのはほどほどにしましょう。

束縛はNG

石門星は広く浅い人間関係を好み、フットワーク軽く行動したいタイプなので束縛されることは苦手です。

石門星は、自分のやり方に対して批判的なことを言う相手を嫌います。

言った相手が自分のパートナーであってもです。

多数のために少数を切り捨てるようなところがあるので、仲の良い関係を続けたいのであれば、石門星を尊重する姿勢は保ちましょう。

石門星の気持ちを詮索したり、いちいち確認したりせず、一定の距離を保って快適な関係を作っていきましょう。

 

司禄星と鳳閣星の相性

人生を楽しむ

鳳閣星は自分の人生を楽しむことを最優先にしています。

子どもが持っている純真さを大人になっても持ち続けています。

楽観的でのんびりした鳳閣星と一緒にいると、現実的で真面目な司禄星も肩の力を抜いて人生を楽しむことができます。

鳳閣星が与えてくれるものは安らぎだけでなく、人生に対する新しい考え方、新しい楽しみ方、新しい喜びです。

真面目な司禄星では考えつかないような楽しみを感じさせてくれる相手です。

争い事をお互い好まないので、安心して付き合える相手です。

短所はルーズさ

いつも自然体で過ごす鳳閣星は、ものごとにこだわらない性格です。

ものごとにこだわらない性格は、約束を守れない、ということにつながります。

待ち合わせの時間に遅刻するだけでなく、約束そのものを忘れてしまう時があります。

キッチリと物事を進めたい真面目な司禄星としては許せない行為です。

付き合う時間が長くなればなるほど、鳳閣星のルーズさは目立ってきます。

鳳閣星のルーズな振る舞いが増えて司禄星が怒っても、鳳閣星の言動が改まることはありません。

少しのあいだはおさまるかもしれないのですが、時間がたったらまた約束を守れなくなります。

鳳閣星と長く付き合うためには、鳳閣星が守れない約束はしない、ルールで縛らないなど、余裕を持った付き合い方が有効です。

スポンサーリンク

司禄星と調舒星の相性

ゆれる心

調舒星は神経が細かくデリケートです。

少しのことで動揺する調舒星にとって、精神的に安定している司禄星は落ち着きを感じることができる相手ですが、お互いが大勢で行動することがないので、知り合うキッカケは少ないでしょう。

気持ちも生き方も整理された状態を好む司禄星からすると、複雑で繊細な精神を持つ調舒星は苦手なタイプです。

調舒星の気持ちの不安定さが理解できず、周囲の人を鋭い感性で眺めては不満や批判を口にする調舒星に、付いていけないと思うのです。

お互いの良さ

調舒星は繊細な神経で、司禄星が持っている良さを理解してくれます。

良さを理解してもらった司禄星は、自分の魅力に自信が持てるようになり、魅力がUPします。

自信をもって精神的な余裕が生まれてより精神的に安定した司禄星と一緒にいることで調舒星は心の安定を持つことができます。

調舒星の繊細な感性

司禄星の安定感

お互いの良い面を良い方向に生かすことができたら、楽しく付き合うことができる2人です。

 

司禄星と禄存星の相性

困っている人が気になる

禄存星は困っている人から助けを求められると、断れないところがあります。

助けを求められなくても困っているな、と感じたら助けたくなります。

司禄星がみんなの輪の中に入れず、1人でいることを感じた禄存星は、皆の輪に入れるようにお膳立てしたくなります。

司録星が居心地が良いようにサポートしてくれます。

禄存星は人の立場に立って考えることができるので、付き合い始めたら司禄星の気持ちを気づかってくれるようになります。

困った時には必ず力になってくれる心強い存在です。

お互いに現実的で、争いを好まないので穏やかで安定した付き合い方ができます。

困っている度合い

禄存星が人に分け与える愛情は平等です。

誰も困っている人がいない時は、わけへだてなく付き合います。

でも、誰かが困っている時、彼女より、親友より、家族よりも誰かを助けることを優先することがあります。

より困っている人を助けることが禄存星にとっての喜びだからです。

司禄星にとっては、放っておかれたように感じて腹がたちますが、禄存星の本能なので、ある程度は認めてあげましょう。

大きな気持ちで見守っていると、また戻ってきます。

禄存星の行動を無理やり止めるようなことが続くと、戻ってこなくなる可能性があるので、気を付けましょう。

 

司禄星と司禄星の相性

真面目な常識人

司禄星は争いを好まず、でしゃばることもないため、地味で目立たない存在です。

目立つ存在ではないですが芯の強さがあり、トラブルがあっても冷静に対処できる力を自分の中に持っています。

自分が進むべき道を知っているので、横道にそれることがない常識人です。

前しか見ていない感じなので、お互いの存在に気が付くまでに時間がかかります。

お互いの存在に気がつくまでに時間がかかりますが、話をするキッカケがあったら、話の内容にすぐに共感できる相手です。

考え方や価値観が近いので、話をすればするほど仲良くなれる関係です。

地道に人生を歩むことができるパートナーになる可能性が高い相手なのです。

司禄星の弱点

司録星は小さなことをコツコツと積み重ねていくことに能力を発揮することができるのですが、目標を見誤ると大変なことになります。

じっくりと考えて先を見通して決めなくてはいけないことを、目先の利益だけを考えたり、その時の気分で決めたりすると何も手にすることができない人生になりかねません。

人生の途中で、目標を見誤ったことに気がついても後戻りできないことがあります。

一気に進んだり一気に後戻りしたりすることができず、立ち止まったままどこにも行けず、途方にくれることになりかねません。

そうならないためには、自分の基本的な性格である実現可能なことをコツコツと積み上げて生活を維持していく、堅実な目標を立てることが大切です。

同じ弱点を持つ2人なので、どちらかが軌道修正役になると長い人生を乗り切れる関係になるでしょう。

 

司禄星と車騎星の相性

すぐに行動したい

車騎星は考えるより前に行動します。

行動してから目的のための微調整をします。

司禄星は行動する前に計画を立てます。

計画を立ててから行動したい司録星ですが、強く主張しないので、車騎星と一緒に行動してもケンカにはなりません。

大雑把な車騎星が取りこぼしたものを司録星が拾っていくような関係です。

例えばデートに携帯と財布しか持たない車騎星と、天気予報を確認して降水確率を見てを持っていく司禄星、というような関係です。

その代わり司録星だけではできない行動力でグイグイ引っ張って楽しいデートを楽しませてくれます。

行動力と計画性がいい形でバランスを取り合い、お互いが満足できる関係です。

ケンカになったら

車騎星は短気です。すぐにカッとします。

問題の原因が自分自身にあったとしても怒ってしまいます。

ケンカになった時、怒っている時の車騎星に言い訳をしてはいけません。

正直に説明するのは良いのですが、車騎星を責めるようなことを言うとより怒ってしまうので、そんな時はそっとしておきましょう。

感情の嵐がおさまるまで待ち、車騎星が冷静になってから話し合うといいでしょう。

相性としてはお互いがお互いの弱点をおぎなえる良い関係です。

スポンサーリンク

司禄星と牽牛星の相性

評価が気になる

牽牛星は自分に対する評価が高く、自分のプライドを保つために周囲の反応や批評を気にします。

自分の評価を下げるようなことをしたくないので、常に緊張しています。

いつも緊張していてはさすがに疲れるので、気持ちの安らぎをもとめます。

人によっては安らぎが趣味や、食欲、物欲に変わるのですが、牽牛星が1番安らぎを感じるのは、安定している組織や人間関係の中に所属することです。

たとえば、学校でみんなから尊敬されている先生を好きになって、その先生が関与するクラスや講座、サークルなどに所属することで自分も安定することができます。

司禄星は気持ちが揺れることが少なく、自分の中に安定した強い意思をもっているので、司禄星と付き合うことで牽牛星は安らぎを感じることができる関係です。。

失敗したくない

牽牛星は失敗するぐらいなら、しないことを選びます。

敵前逃亡の恥ずかしさより、失敗して自分の評価が下がることの方を恐れるのです。

責任感が強くて真面目な司禄星からすれば、やってもいないことから逃げる牽牛星にイライラすることがあります。

弱気になることもある牽牛星をさり気なくサポートしてあげましょう。

失敗を恐れるのは、成功させなければいけないという強い思い込みからくるプレッシャーなので、その気持をほぐして恐れを感じさせないようにフォローするのです。

もともと堅実に人生を歩んでいきたいという価値観は同じなので、付き合いが長くなるほど深く信頼しあえる関係になれます。

 

司録星と龍高星の相性

刺激が必要

龍高星の心は旅人です。

司禄星は定住して安定した家庭や環境を求めます。

価値観や感性はまったく違うので、付き合いを長く続けるのは難しいでしょう。

何ものにも束縛されず自由を愛する龍高星の生き方に、あこがれの気持ちを感じて好きになるかもしれません。

でも、同じことを繰り返しても苦にならない司禄星に対して、龍高星は同じことを繰り返すだけの生活を我慢することはできません。

新しい刺激を求めて司禄星から離れて行くでしょう。

興味が向く方向に行たい

司禄星が計画したデートの途中、龍高星は計画なんてまったく無視した行動をしても平気です。

中華料理を食べに行く途中で、美味しそうな和食の店を見つけたら

「ここで食べよう」

と言いだしかねません。

わがままではなく、自分の気持ちに正直なのです。

好奇心を感じるものから目を離すことができずに、おもちゃ売り場から離れられない子どものようなものです。

龍高星のやり方を真似しすぎると、司禄星の良さが失われるので、付き合うならお互いの気持ややり方に踏み込みすぎない付き合い方が無難です。

 

司禄星と玉堂星の相性

紹介してもらう

玉堂星は人と距離を取ります。そんな玉堂星と付き合いたいなら玉堂星の身近にいる人に紹介してもらうのがいいでしょう。

友人や家族にお願いして仲を取り持ってもらうのです。

友人からの紹介なら、玉堂星も心を開いてくれるでしょう。

友人がいない玉堂星とキッカケを作りたいなら、玉堂星が知らないことをさり気なく教えてあげるといいでしょう。

あくまでもさり気なく教える、という態度が重要です。

上から目線でこんなことも知らないの?という態度ではなく、

「こんな面白いことあるんだけど知ってた?」

というように、押し付けを感じさせないことが重要です。

玉堂星は知識を自分の中に吸収する本能を持っているので、玉堂星が興味を感じそうなネタをいっぱい仕入れてアタックすると上手くいきそうです。

ケンカする時

玉堂星は知性派で、司録星は実践派です。

ケンカをすると玉堂星は理屈で相手を攻撃し、司禄星は常識で対抗します。

お互いが自分が信じるものを武器にして戦います。

玉堂星が言う理屈を言い負かすのが難しい時は、態度で応戦しましょう。

つまり、返事をしないで黙ったまま聞き続け、玉堂星が話し疲れるのを待ち、嫌なことを嫌だとハッキリと手短に伝えましょう。

言葉ではなく、感情を込めた態度でわかってもらうのです。

玉堂星は理論派ですが、人情家でもあるので、情に訴えるのも有効な戦い方です。

スポンサーリンク

Pocket