Pocket

干合とは?

干というものは10種類あるのですが引き合う干というのがあります。磁石が引き合う感じです。

内側の干が、矢印が向く方向(正面にある干)と一緒になると、「庚」と「己」以外の干は変化します

変化するとどうなるかというと、色で表現しているように気のエネルギーが変わります。

例えば、濃い色の緑は「木性の陽」をあらわし、薄い緑は「木性の陰」を表しています。

「壬」と「丁」が干合すると壬は木性の陽の「」になり、丁は木性の陰の「」にかわります。

もう一つ例をあげれば、

甲」と「己」が干合すると甲は土性の陽の「」になり、己はそのまま変化しません

干合の働きで気のエネルギーが変わってしまいます。

干合の作用が現れるのはおもに3つあります

1. 自分の命式内にある干が、干合になる。
2. 相性をみる時に、相手の命式内の干と干合になる。
3. 運勢でまわってくる干と自分の干が干合になる。

スポンサーリンク

自分の命式内にある干合

干合を自分の宿命内に持っている人は、自分の中に非常ボタンを持っている感じです。恋愛とか、突然の危機に見舞われた時、「火事場のばか力」のような内なるエネルギーがムクムクとわいてきます。危機管理のためのスイッチのようなものです。

だから、普段はボーっとしていても、タイプの男性が目の前にあらわれると急に表情が生き生きとして可愛いらしくなったり、仕事の面だと、夕方になって同僚が疲れてきても、やっている仕事が自分がやりたいものであるなら、やり続けるための別のスイッチが入って頑張れてしまう感じです。

例えて言うなら、お腹いっぱいでもおいしそうなお菓子を見たら、お腹に空きができるようなものです。

そういう感じなので「人が変わったように見える」とか人から言われたりします。

でも、本人にとってはもともと持っている能力なので、自分が変わってしまった、というようにはあまり思いません。ちょっと「やる気出しただけ」というような感じです。

スポンサーリンク

相手の命式内の干と干合になる

10人に一人は同じ干を持っているので、確率的にはそんなに高くはないのですが、やはり、日干が干合の関係になる相手に対しては、男女を問わず「惹かれるものを感じます

一目ぼれをしてしまうというよりも、なんとなく「気になる」関係です。

気の関係で言うと「」の関係になります。

壬-丁・・・大量の水が小さな火を消す
戊-癸・・・大きな山が少量の水をせき止める
甲-己・・・大きな樹の根が平地を割る
庚-乙・・・大きな斧で草を刈る
丙-辛・・・大きな火が鉄を溶かす

このように、相手か、自分が変わってしまう働きです。「知り合ったが最後、後には戻れない」そんな関係になる場合もあります。

運勢でまわってくる干と干合になる

運勢でまわってくる干と干合になる時期は恋愛運が高まるとみます。恋愛に全く縁がなかったら、干合の力が必要なトラブルがやってくるという意味にもなります。

平常ではいられない時期になるのです。

スポンサーリンク

Pocket