金運はありますか?

占いをしていると人に言うと「私、金運ありますか?」と聞かれます。そんなことを聞かれるとサービス精神旺盛な私としては、タブレット持ち出して宿命ソフト起動して誕生日入力して算命学的答えを言いたくなるんですが、相手に時間的な余裕がない場合、簡単に手相を見ます。

両方の手、どちらでもいいのですが、小指の下に線が1本太くはっきりと入っていると、金運があるとみます。細い線が縦にたくさん入っている人もいるのですが、その場合は「ざる運」と言って、お金は入ってきますが出ていくのも多い人です。

小指の下に線がまったくない人もいるのですが、そういう方は、金運がない、と言えますが、お金が無くても生活できる「生活力」とか「人間力」を持っている方が多いです。

お金のことを気にしないので線にならない、って感じです。

算命学的には、陽占に「禄存星」または「司禄星」が入っていると金運があるとみます。

禄存星は「回転財」という意味を持っているので、使った分だけまた入ってくる運を持っています。気持ちよく交際費を使うと人間関係が豊になって、人に慕われる人になります。

お金を出し惜しみするようになると、入ってくるお金が少なくなる悪循環におちいります。それか、お金を使わざるをえないような状況になったりします。大事なものを壊すとか、失くすとか、お金を使うような働きかけが周りからやってくるのです。

司禄星は家庭を表す星なので、堅実にお金を使います。貯蓄も上手です。お金を貯めてから思い切って使うこともできます。

司禄星を持っている人は家庭的な規模のお金なら上手に使いこなすことができるのですが、何億ものお金を回して、事業を展開していく、というようなことに対しては禄存星を持っている人の方が上手です。

まあ、例外はありますが。