鳳閣星と貫索星の相性

貫索星はご意見番

鳳閣星からみると、貫索星は一緒に遊ぶには面白くない相手です。

その場のノリで楽しみたい鳳閣星に対して貫索星はあれこれ指図してくるので、鳳閣星はうっとうしさを感じます。

貫索星からすれば自分をわかってもらいたくて話をしているのに、予想とは違った反応が鳳閣星から返ってくるので戸惑います。

鳳閣星からすると重い話をなぜ自分にしてくるのか理解できずに、貫索星を”重い人”と感じて距離をとります。

遊び半分で生活しているような鳳閣星を心配して貫索星が色々とアドバイスをしているのに、鳳閣星は自分の生き方を否定されているように感じて不満な顔をします。

貫索星の価値観を押し付けられているようで、鳳閣星は居心地の悪さを感じるのです。

お互いの気持ちがすれ違いやすい関係です。

道を教えてくれる人

もともとの考え方が違うので相性が悪いようですが、行き当たりばったりの行動が多い鳳閣星にとって貫索星は貴重な存在です。

根が正直で一本気な性格の貫索星は道に迷った時の良き相談相手になります。

貫索星の忠告を素直に聞き、真面目に取り組むようにすると貫索星とのが生まれます。

一度絆ができてしまうと、貫索星はとても頼りになる存在になります。

困っていると言えば必ず助けてくれます。

困っていることが解決しなくても、共に悩んでくれます。

考え方が違うといって付き合わないのはもったいない相手なのです。

 

鳳閣星と石門星の相性

一緒に居るのが自然

仲間との付き合いを大切にする石門星と、人生を楽しむために生きている鳳閣星は、非常に楽しく付き合える関係です。

たくさんの人と一緒に過ごすことが2人とも苦にならないので、楽しく交際することができます。

ただ、お互いが束縛を嫌うので長く付き合っていても深い関係性にはなりません。

鳳閣星は言葉の裏を読んだり、疑ったりぜすあのままを受け入れて、自然体で生きるタイプです。

石門星は付き合う相手に合わせることが多く、自分の本音を語るようなことはしません。

2人で一緒にいて居心地の良い関係を作ることができますが、お互いの本音を知らないまま、という可能性もあります。

主導権は石門星に

その時、その場が楽しかったら良いと思う鳳閣星が人生を共に歩む相手として石門星を選ぶなら、石門星に主導権を渡しましょう。

生活に必要な細かな采配は石門星が受け持ってくれます。

ただ、付き合いが長くなると石門星は身内や恋人との約束を後回しにするようなところがあります。

鳳閣星からすると楽しみを取り上げられたような感じになって腹が立ちますが、石門星の最優先事項は”友人・仲間”です。

身内や恋人、妻は二の次、三の次になる可能性があるので、

「友達と私、どっちが大切なの!」

という場面になりそうです。

そんな時、

石門星は

仲間を大切にする素敵な人なんだ」

と思って気持ちを切り替えるといいでしょう。

 

鳳閣星と鳳閣星の相性

気楽な関係

食べたり飲んだり、遊ぶことが大好きな2人です。

そんな2人がそろうと、その場の雰囲気に流されて飲みすぎ食べ過ぎ、遊びすぎで散財していまい、給料日前にはお金が無くなってしまう、というようなことになりそうです。

計画性が無く、ノリで生きているよな2人なので、お金がなくても遊びに誘われるとフラフラついて行ってしまいます。

恋人として付き合うには最高に楽しい相手なのですが、人生を共に歩んでいくには冷静に判断する必要があります。

自然消滅

計画性や忍耐力がお互いに少ないので、何かのトラブルが起きた時に関係が終わる可能性があります。

トラブルにあった時、問題の糸口を見つけて一つ一つ解決していくだけの忍耐力が少ないので、解決までに時間がかかりそうなら面倒に感じて問題を放棄してしまうのです。

そうなるとお互い、相手に責任があると考えるようになり、楽しい関係が終わります。

トラブルが起きないようにキッチリと計画を立て、計画通りに物事を進める慎重さが必要な2人です。

スポンサーリンク

鳳閣星と調舒星の相性

鳳閣星は自然体

自然体で生きる鳳閣星と、細かいことが気になる調舒星は合わないようにみえますが、お互いの足りない部分を補い合う関係になれると、上手く付き合っていくことができます。

鳳閣星の大雑把な部分を、繊細な調舒星がフォローし、調舒星の気に病む性質を、鳳閣星がサラッと受け止めて流すような関係だとお互いが快適に付き合うことができます。

ただ、ちょっとしたことで気持ちが揺れてしまう調舒星のナイーブさを、鳳閣星が受け止めきれなくなる時があります。

不平不満を何かと口にしたり、小さなことをいつまでも気にして細かく指摘してくる調舒星の態度に嫌気がさしてしまうのです。

「いいかげんにしろよ!」

という感じです。

気分が落ち込んでグチを言う調舒星に対して批判するような言動をとってしまうと、事態はさらに悪化します。

心に傷を受けた調舒星は、自分を裏切った相手を忘れません。

仲直りをしたあとでも相手への不信感と、心に受けたを抱えています。

仲直りは嵐が過ぎてから

傷つきやすい調舒星は、気持ちが落ち着くまでに時間がかかります。

何度も思い返して傷を深めるようなところがあるので、そんな時はそっと見守るようにしましょう。

放っておくのではなく、かまいすぎるのではない、ちょっとした距離感を持ったまま見守るのです。

すぐに返事を伝えられる距離を保つといいでしょう

時間がたって調舒星の気持ちが落ち着いたころ、何事もなかったかのように振る舞うと、仲直りできます。

 

鳳閣星と禄存星の相性

禄存星は愛の人

人生を楽しむ鳳閣星と、人を愛することで喜びを感じる禄存星は楽しく付き合える関係です。

どちらも争いを好まないのでケンカになることも少ないでしょう。

大雑把なところがある鳳閣星の抜けている部分を禄存星が上手くフォローしてくれます。

禄存星がしてくれる世話を鳳閣星が喜んで受け入れている、そんな状態なら仲良くすごせます。

でも、束縛を嫌う鳳閣星が禄存星の世話をうっとうしく感じるようになると、鳳閣星は無意識に禄存星と距離を取るようになります。

距離を取られた禄存星は、愛情が伝わらなくなったのかと感じて余計に世話を焼くようになります。

禄存星の行動は逆効果になり、鳳閣星の気持ちは離れていきます。

受け入れる

禄存星の愛情を束縛と感じないようにするためにも、相手の気持ちを受け入れることが大切です。

鳳閣星が恋人との付き合い以外に楽しみを見つけたとしたら、禄存星はあせって今まで以上に干渉するようになります。

禄存星の愛情の押しつけには、

「ありがたいけど、必要ない」

ということを、やんわりと相手が傷つかないように伝えましょう。

禄存星に安心してもらうことが2人の関係を長持ちさせるコツです。

 

鳳閣星と司禄星の相性

最適なパートナー

人生を楽しむ鳳閣星とコツコツと人生を積み上げていく司禄星は双方ともストレスを感じないで付き合える相手です。

行き当たりバッタリな行動で問題を起こしがちな鳳閣星が持っていない計画性を、司禄星は持っています。

計画を立てて実行することができるので、2人で行動するようになるとミスが減ります。

テーマパークでデートをした時、司禄星が立てたプランでたくさんのアトラクションを楽しむことができます。

美味しい食事を楽しむ、楽しい映画をみる、そんな娯楽を思う存分に楽しむことができるのです。

司禄星について行く限り、鳳閣星は人生を思う存分楽しむことができます。

従うことも必要

遊ぶには最適な関係ですが、束縛されることや干渉されることを嫌う鳳閣星は、司禄星との付き合いが長くなると、

司禄星のことを

うるさい
と感じるようになります。

司禄星からのアドバイスが多すぎて、重いのです。

”いい加減にしてくれ!”

と感じるようになると危険信号が灯り始めています。

司禄星は先を予想してアドバイスします。

その場のことしか見えない鳳閣星は、素直にアドバイスに従いましょう。

司禄星のアドバイスの正しさは時間が証明してくれます。

そのことを後になって鳳閣星は知るのです。

 

鳳閣星と車騎星の相性

性格の違い

車騎星は思考と行動が一緒というより、考える前に行動する人です。

鳳閣星は、人に合わせようという気持ちがそもそもありません。

車騎星とは性格が合いません。

相性は合わないと思ったほうがいいでしょう。

車騎星は、あせらずマイペースでその日の気分にあわせて行動する鳳閣星に我慢ができません。

大喧嘩になりかねない組み合わせです。

刺激しない

性格が合わずにケンカになる可能性大の2人ですが、仲良くなりたいなら、車騎星のペースに合わせることをおすすめします。

合わせるにもコツがあります。

車騎星は短気なので伝えたいことがあるなら、言いたいことを頭の中でまとめてから伝えましょう。

「でもね~、あのね~、あ、ちがうかな~」

といった話し方をすると車騎星はキレます。

わかりやすく、手短に話をしましょう。

車騎星を怒らせると一気に別れ話になりそうです。

怒らせないように気を付けることが大切です。

スポンサーリンク

鳳閣星と牽牛星の相性

恥をかかせない

鳳閣星は、その場の状況をそのまま受け入れる自然体で生きています。

牽牛星はその場の状況に応じて自分を演出するパフォーマーです。

鳳閣星がその場に応じた振る舞いをして楽しんでいるなら、牽牛星は受け入れます。

受け入れますが、鳳閣星が羽目を外しすぎて皆に迷惑をかけるとか、評判を落とすようなことをすると、一気に他人になります。

全然知らない人というような態度をとります。

恋人の関係だとしたら、

別れ

になる可能性があります。

牽牛星は恋人への評価が自分の評価であると受け取るので、鳳閣星が皆の前で恥をさらすと、牽牛星は自分が恥をかかされたと感じてキレるのです。

牽牛星にをかかせないように気を付けましょう。

癒やしの存在

牽牛星は官僚タイプで、エリートの意識が強い星です。

与えられた役割を忠実にこなして実績を積み上げていくことで、自分の存在感を示していきます。

役割がハッキリ決まっている時の牽牛星は冷静に動けるのですが、役割が決まっていないことに対しては弱みがでます。

例えば、病気をして仕事を失って、これからどうして行ったらいいのかわからなくなった時、本当にどうして良いのかわからなくなるのです。

立ち直るまでに時間がかかります。

立ち直れないかもしれません。

そんな時、鳳閣星の持つ

”人生を楽しむための知恵

が役に立ちます。

鳳閣星のおおらかさで牽牛星の心の傷が癒やされます

牽牛星が立ち直れるキッカケになるのです。

 

鳳閣星と龍高星の相性

ついて行けない

鳳閣星は大勢で楽しむことができますが、龍高星は1人で楽しむことの方が好きです。

龍高星は旺盛な知識欲と好奇心に突き動かされるように行動し、自分のペースで物事をどんどん進めていきます。

鳳閣星は無理せず自然体で物事に取り組むので、次に何をしでかすかわからない龍高星にはついて行こうとは思いません。

人生を楽しむスタンスが違うのです。

付き合うとしたら、違いを受け入れることから始まります。

別行動がポイント

この関係は別行動ができる余裕が持てるかどうか、が決めてです。

例えば、2人で買い物に行った時、買いたい物や見たいものが違うなら、集合場所と、集合時間を決めて、解散して買い物を楽しむぐらいの気持ちの余裕が必要です。

一緒に買い物に行っても買い物中は別行動

そんな距離感が必要な関係です。

お互いが束縛を嫌うので、相手の都合に合わせなくても良い関係を作り出すことができれば、上手くやっていける2人です。

 

鳳閣星と玉堂星の相性

知性と品性

玉堂星は知性と品性を大切にしています。

その玉堂星からみると、鳳閣星は無邪気な子どものように見えます。

無邪気”であるか”いいかげん”であるかは鳳閣星次第なのですが、その日の気分で行動を変えたり、やりかけのものを途中で投げ出したりするところを見ると、玉堂星は鳳閣星とは距離をとります。

玉堂星は中途半端な人間とは付き合いたくないと考えます。

自分の気持ちをあまり表さない玉堂星がキレた時は本当に怒っています。

玉堂星は一度決めたことをくつがえすようなことはしません。

良い関係を続けたいなら、信用してもらえるように努力しましょう。

毒舌に気持ちを込める

玉堂星は理論的な考え方をします。

感情的になることは恥ずかしいと思います。

相手に対してお願いをしたい時、言葉が毒舌になって表れることがあります。

「約束が守れない人って最低!」

という言葉の中には

「約束が守れない状態になったのなら、まず相談してよ」

という気持ちが入っています。

優しい言葉を言うことが恥ずかしいのです。

玉堂星の毒舌の中には”優しい問いかけ”が含まれていると考えてください。

わかりにくい性格ですが、玉堂星の可愛い気持ちをわかってあげてください。

スポンサーリンク