新垣結衣さんは距離を測るセンサーを持っている

鳳閣星というセンサー

新垣結衣さんの算命学の陽占の中心星は「鳳閣星」です。


「丁」と「己」は鳳閣星の関係

中心星が鳳閣星の人は、人生を楽しんで生きているように見られることが多いですが、客観的な冷静さで、人物や、物事、事柄の本質を理解し、常に自分との距離を測っています。つまり、仲良くなれる人かどうか、自分の為になるのかなどを判断する習慣が身についています。




新垣結衣さんの鳳閣星は

自分の干が「」で、中心星を決める干は「」です。

丁は火性で、土の性質を持っている己を生み出す関係になります。

丁は火性ので、己は土性のです。陰という関係は同じですね。この関係は磁石の同じ極がひっつかないのと同じような現象を生み出します。

つまり、人との付き合いや関係にどうしても距離が生まれます。距離が生まれる、と言っても本人にとっては生まれ持った感覚ですし、自然なことです。

仲良くなった友人から、冷たいとか、距離を感じる、とか言われることがあったとしても、本人にとっては、冷たくした覚えもないし、よそよそしくした覚えもないと思います。

「冷たい!」と言われることは心外でしょう。

ブレーキの役割を果たす剋の関係


新垣結衣さんの陽占は
調舒星が2つ、中心の鳳閣星が火性の星で、
左(西の方向)の禄存星は土性
右(東の方向)の龍高星は水性の星です。

気の流れとしたら
火が燃えて土になります。でも土から生まれる「」がありません。だから土のエネルギーは左、家庭をあらわす西の方角で止まります

一方、右にある龍高星は水性の星です。自分を生み出してくれる「」が無く、自分が生み出す「」もありません。ですから水性の龍高星のエネルギーは右の、社会をあらわす東の方向で止まったままになります

新垣結衣さんの陽占のなかで、エネルギーが2つにわかれています。しかも、「土」と「水」なので、剋の関係になります。水が持っている流れたいというエネルギーを土のエネルギーが止める働きをするのです。

これは何を意味しているかというと、社会に向けて流れすぎる気持ちを押さえるブレーキを自分の中に持っている、ということになります。

伝えたい思い!自発の行動力!

伝達本能56%

伝達本能というのは、表現したい本能です。新垣結衣さんは自分の干が「丁」なので陰干です。陰の干は、自分というものを表現したい、という気持ちを強くする働きを持っています。

ですから、鳳閣星という客観的な理性を持ちながらも、自分の気持ちを強めに出してしまうところがあります。本能の半分以上が「表現したい」というものなので、芸能界で活躍されているのはもっともだ、と思います。

自分から行動する67%

行動する動機が、自分からというのが67%です。これも高い数字です。「新しいことに挑戦したい!」「面白いことを経験したい!」という気持ちが強く、自分から求めていくタイプです。

表現したい気持ちと合わせて、自分が体験したことを人に伝えたい、という性質になるので、女優という仕事だけではなく、体験レポーターなどに向いていると思います。

新垣結衣さんの結婚運

新垣結衣さんの宿命の中に「」という星はなく、陰陽が違う「癸」が「仮夫」となっています。

仮の夫とはどういう意味か、と言いますと「世間一般的な夫ではない夫」という意味になります。

世間一般的な夫ではない夫とは、

妻に対して妻の役割を押し付けないような夫・・・友達夫婦とか。
夫の役割を果たさない夫・・・主夫になりたい夫とかです。

そんな夫なんていらない、と思うなら、結婚しなくても生きていける人です。

新垣結衣さんの運勢を一番強くあらわす日干支の「丁酉」は、「辛」という干一つだけに支えられています。ですから、「辛」という干が不安定な状態になると本人の状態も不安定になります。

日干と「辛」は禄存星の関係で「愛情奉仕」という意味になり、「自分が愛情を注ぐ対象が、自分を支えるものになる」ということになります。

愛情を注ぐものが「仕事」だった場合、仕事が生きがいになって結婚する気になれない、という感じになるのです

今ベストを目指す「合」

新垣結衣さんの年支「辰」と日支「酉」は「天軸支合」という位相法になります。この位相法の働きは

なんとしても思い通りの結果をだそうと、納得のいく結果が出るまでがんばりぬく。

考えるよりも行動を優先させ、欲しいものを手に入れる。望みをかなえるために手段を選ばないところはありますが、約束を守り、理性的な行動をする。

というような「思い通りの結果を出したい強い気持ち」になります。

以上のことを合わせて考えると新垣結衣さんの人生は「獲物を求めるハンターのように、自分を満足させてくれるものを探し続ける」というということになります。