仕事が長続きしない原因がわかります

こんにちは、ねうし まりです。

大阪で、算命学で鑑定をする占い師をしています。

さて、今日は算命学という占いを知らない人のために、どんなことが占えるのか書いていきますので、よろしくお願いします。

書いていくと言っても占えること全部ではなくて、占えることのひとつを紹介します。

仕事を辞めたいと思う本当の理由がわかる

算命学の占いで、仕事に対してお客さまがどのような考え方を持っているのかわかります。

鑑定することで、お客さまにはどんな仕事が向いているのか、職場の環境がどんな状態なら仕事を続けることができるか、そんなことがわかるのです。

例えば、デスクワークに向かない人、身体を動かす仕事が向いている人、刺激がないとダメな人などです。

・ デスクワークに向いていない人が、会社のデスクのパソコンの前に8時間以上座ってじっとしていなくてはいけないとなると、他の人よりも疲れを感じる。

・ 本当はひとつのことを掘り下げて研究していきたいような人が、荷物の集配のように身体を使う仕事をしていると、仕事に情熱を持てなくなる。

・ 刺激が必要なのに、変化もなく同じことを繰り返すだけの仕事をしていると、イライラしたり不満がたまってくる。

こんな状態になって仕事を辞めたいと思うのです。

転職のご相談を受けた時は、お客さまから今どんな仕事をして、その仕事に対してどのように思っているのかをお聞きします。

その後、鑑定でわかったお客さまに向いている仕事の内容と、現在されている仕事の内容が合っているかをみます。

内容が合っていない時は、お客さまに向いている仕事の内容を説明します。

「こんな感じの仕事で、こんな感じの職場をさがして、見つかってから、転職の準備をされてはいかがですか?」

とお話しています。

向いている仕事をしているのに転職を考えるのは、運勢の流れが変わるタイミングにきている時が多いです

自分にとって向いている仕事をしているのに、転職をしたい気持ちが強くなる時があります。

そんな時は、運勢の流れが変わるタイミングがきている時が多いです。

運勢の流れが変わるタイミングとは、人生の中での自分の役割が変わるようなものです。

学生から社会人になるように、自分がしなくてはならないことが変わるのです。

運勢の流れが変わるタイミングがきた時、まず、気持ちがそわそわして落ち着かなくなります。

今までには感じたことがない気持ちになって、気持ちが落ち着かない理由が知りたくなります。

ネットでいろいろ検索して、このホームページにたどりついて、内容を読んだ方が私に鑑定を申し込まれます。

気持ちが不安定になった理由を知りたい、そんな方からの鑑定のお申込みが多いのです。

今、私は対面とメールで鑑定のお申込みを受けていますが、気持ちが不安定になった理由を知りたい、と思われているほとんどのお客さまは対面鑑定を希望されます。

大阪から離れた所に住んでいらっしゃる方でも、始発の電車に乗って鑑定を受けに来られます。

ありがたいことです。

大阪の中心部で活動しているので会いやすいからなのかもし知れませんが、メールでは書けない微妙な思いを吐き出したいのだと思います。

対面鑑定の時に、お客さまが感じている微妙な思いを、私が言葉にして説明すると、とても深く納得していただけたようにみえます。

不安定な気持ちを言葉に変えることで気持ちが整理でき、何に対して悩んでいたのかが、ハッキリするからでしょうか?

悩みを整理したあと、こうした方が良いと具体的にアドバイスさせていただくと、お客さまの顔が変わります。

顔に赤みがさして、目の輝きが強くなります。

そして、胸を押さえて、ここにたまっていたものがスッキリして、温かく感じる、と言っていただくことが多いのですが、そんな時は、私も同じように胸が温かくなります。

占い師にとって、泣きそうになるぐらいうれしい瞬間です。

本当に、うれしいです。

ご縁をいただいたことに感謝しております。